商談通訳基礎訓練教材・梅干しの製造について


日:本日は梅干しの製造過程についてご説明いたします。まず、梅の実を収穫します。収穫の時期は果実が完熟となる三日前です。収穫の時期が早すぎると加工に適しません。収穫後、三日間追熟して、完熟させて、加工に適するようになってから作業を開始します。果実の収穫の際には、傷がなく、虫食いが無く、斑点のない優良品を選ぶことが肝心です。次は選果で、ここで不良品を除きます。その次は洗浄で、害虫や農薬を水で洗い流します。洗い終えた果実はカゴに入れて水切りして干します。次は塩漬けです。3トンの梅でしたら、その重量の22%である660キログラムの塩が必要です。まず、その三分の二、つまり440キロの塩を梅にふりかけてまぶし、木の桶かその他の容器にいれて、つづいて残りの三分の一、つまり220キロの塩をそのうえにかけます。最後に約300キロの重さのものを重石にします。このときに用いる塩は岩塩でも大丈夫ですが、粒の細かいものが最適です。約十日後、塩漬けからしみ出た果汁が上に溜まってきますが、何もしないで、そのままにしておきます。その後、夏の土用あたりの天気の良い日に、日向に出して干します。すると、梅干しの色がうすいとび色に変わります。一日干して、次の日の昼に梅をひっくり返して裏も日に当てます。できあがったら、L、M、Sの三種類に分けます。このときに、傷がついたり、皮が破けたりしたものは取り除きます。包装はポリ袋にいれて、それを木箱に入れます。それを日本向けに出荷してください。

(通訳)大家好。今天,由我来介紹一下日本傳統的咸菜食品「梅干」,也就是「鹽漬青梅」的生産程序。第一道工序就是把青梅摘下来。摘果的時間應該在青梅的果實完全成熟前三天,如果過早摘下来的話,就不太好加工了,摘下来以后,再存放三天,進行追熟,等到青梅完全成熟之后開始加工。ling外,摘果的時候,應該挑選没有傷痕、没有虫眼、没有斑点的東西,就是一定要挑選最優質的原料。那麼,第二道工序是追熟以后的選別,再除去不良品。然后,用干浄的水清洗果實,把虫子和農藥洗掉。洗浄以后,放進藍子里瀝乾水分。然后用鹽淹漬。鹽的使用量是原料重量的百分之二十二,如果要加工三公噸的原料,就用660公斤的鹽。首先把三分之二的塩,也就是440公斤的塩,撒在青梅上,撒満均yun,然后把原料放進木桶或其他的容器内,接着再用剰下的三分之一的220公斤的塩蓋在青梅上。加工的時候,也可以使用礦塩,但最好選用顆粒最細小的那種。最后,把300公斤的壓石放在上面。大約十天后,従青梅滲出来的果汁積到容器的上面,但是這个時候不需要采取任何措施,就那様放着,不要把水倒掉。到了夏季最熱的大晴天,把青梅従木桶里撈上来,放在陽光直接晒到的地方。晒一天后,青梅的顔色会変成淡棕色,那麼,第二天的中午再把青梅翻過来晒。晒完之后,再把有傷痕的跟外皮破裂的除去掉,然后把産品分為大中小的三個規格。最后,把産品放進塑料袋,用木箱包装,包装上要有大小規格的標記,這個規格ne,請用羅馬字標記,L代表大,M代表中,S代表小。這様就可以出厂,出口到日本去了。

中:請問。我的問題ne,也許太簡單,但還是希望能指教一下。這個咸青梅,日本人在什麼様的情况下吃的,怎麼個吃法ne,還有,消費量多大?

(通訳)非常に基本的な質問で恐縮なんですが、日本の方はどんな時に梅干しを食べるのでしょうか。また、どんな食べ方をするんですか。それから、消費量はどのくらいでしょうか。

日:日本人と梅干しは切っても切れない関係です。ご飯と一緒に食べるのが普通です。熱いご飯のおかずにしたり、おにぎりの中に入れたり、お弁当の真ん中に入れたりします。おにぎりやお弁当に入れるのは、ご飯を腐りにくくする梅干しの作用を利用した使い方でもあります。あとは、すりつぶして鰹節と混ぜたり、一種の調味料として和え物に使ったりもします。私たち日本人にとって、梅干しは最も身近な食品のひとつです。ですから消費量も非常に多いし、安定して需要があるのです。

(通訳)我們日本人的飲食生活少不了咸青梅。最普通的吃法是跟米飯一起当咸菜吃。説到就飯吃,也有各種不同的吃法。比如,跟熱米飯一起吃,放在飯団里面,做盒飯的時候放在米飯上等等。這个飯団和盒飯ne,通常是早上在家里做,然后把它帯着上班上学,当午飯吃的,那麼,用在飯団和盒飯的話,米飯就不太容易坏,因為咸青梅具有防止腐敗的作用。其他的吃法的話,把咸青梅duo碎成泥状,然后跟一種魚干和拌吃,還有,泥状的咸青梅還可以当作一種調味品用,可以做各種凉拌。對我們日本人来説,咸青梅是最普遍的食品之一,所以,消費量也相当多,需求很穏定。

中:謝謝。還有一个問題想請教一下。咸青梅有品種区別ma?如果有,各類品種在价格方面有什麼差別?

(通訳)ご説明ありがとうございました。もうひとつ、伺ってもよろしいでしょうか。梅干しにもいろいろな種類があるのでしょうか。また、種類ごとにお値段は違うのでしょうか。

日:はい、これだけ日本人の生活に浸透している食品ですから、種類も豊富です。各地方で作り方も様々だし、原料に使う梅自体、小さいもの、大きいもの、果肉の少ないものから多いもの、皮のうすいものなどなど、非常にバラエティーにとんでいます。かりかりした小梅漬けもあるし、果肉のたっぶりある柔らかな大きな梅干しもあります。価格はそういう種類で決まっているのではなくて、やはり品質で決まります。

(通訳)是的,咸青梅是日本人的生活中最為普通的食品,因此有很多種類。各个地方都有不同的加工方法,青梅原料的顆粒也有大有小,果肉也有多有少,皮的薄厚也有所不同,種類很豊富。有的咸青梅特別選用果肉比較硬的小顆粒原料,吃的時候很脆生生的,也有的是飽満柔膩的大顆粒。决定价格的不是種類区別,而是質量。

中:ling外,我們還有一点比較不放心,按上次接到的傳真上介紹的,咸青梅的加工只要精選原料就没有太大的困難,可是,這个原料的精選方面ne,因為我們過去没有任何経驗,加工的第一歩(オ高)不好的話,就会糟踏我們這里的上等原料。貴方能不能提供一(イ分)具体的標准説明書什麼的,或者,我們歓迎日方派専家到這里来進行技術指導。

(通訳)それから、もうひとつお願いがあるんですが、この前、送っていただいたFAXを見ますと、梅干しの加工は原料さえきちんと選別すれば特に難しいものではないようですが、ただ、この最初の原料の選別の部分で、ちょっと不安を感じております。何しろ、初めてのことですので、もし製造の第一歩となる選別でつまづくと、せっかくの良質な原料を無駄にしてしまうかもしれません。そこで、もしできましたら、原料選別基準を説明した資料を送っていただくか、あるいは日本側の専門家を派遣して現地で技術指導をしていただけないでしょうか。

日:はい。その件に関しては、日本梅干し製造業者組合で出しているマニュアルを中国語に翻訳して送る予定です。技術者の派遣は帰国後、検討させてください。またご連絡します。

(通訳)関于原料的挑選標准方面,我們將日本咸青梅制造協会所編写發行的介紹手册翻譯成中文後寄給貴方。就派專家到中国的問題,我們回国以后再研究一下。我們会保持聯系的。

中:好的,今天非常感謝**先生給我們做介紹。

(通訳)わかりました。本日はご説明まことにありがとうございました。

日:どういたしまして。

(通訳)(口那)里,不客気。

 


 →商談対訳教材目次(フレームあり)  →商談対訳教材目次(フレームなし)