呉橋雑技

相傳蚩尤有81個兄弟,他們個個是銅頭鐵額頭上長角,在「逐鹿一戰」便拿頭角崢嶸當武器,把炎帝和黃帝打得節節吃緊,差一點後來就沒有炎黃子孫了,逐鹿之戰以後定居在中原一帶的老祖宗便經常的模仿戰場的情景來取樂,而形成了「蚩尤戲」。後來這個「蚩尤戲」也就成為炎黃子孫自娛娛人的看家本領,叫做「百戲」,也叫做「雜技」。

它其實原來只是一種用來消遣解悶的「小玩意兒」,距離藝術殿堂的門檻還有著一段天差地別,而永難翻身的地位。所謂的「賣藝雜耍」一直便只有「賣」的本質,而從來不被認同有「藝術」的成份,但是曾幾何時經過長時間的改變,當「物以稀為貴」以後,所有面臨日漸衰退或者是日漸消失的事物都有可能被搬上了文化或者是藝術的舞台。

「吳橋雜藝」便是這樣堂而皇之的踏進了門檻,而吳橋雜藝學校也便是這樣莊嚴神聖的開辦授徒。

你叫什麼名字?
叫張潭。
叫張潭,你叫什麼名字?
洋洋。
你們兩個幾歲啊?
五歲。
五歲。
你們學這個多久了? 學這個翻跟頭這些學多久了?
不知道。
不知道,你學多久了?
不知道。

這些學生他們是自願來這邊入學還是說你們這邊徵收?
咱這兒是按招生範圍在河北招生,遇到招生的時候到河北個地方招生。
平均這個學生的年齡,我看他們年紀滿小的,是幾歲到幾歲?
這批是五至八歲。平均年齡是八至七歲。

吳橋是河北省的一個縣,在老黃河的下游,大運河的東岸,西南還有一條鉤盤河,東邊還有一條叫四女寺河,一個常年水患,地談不上豐登,人無三兩銀的窮縣份,也便是因為這樣,吳橋人窮則變變則通,變出了雜耍魔術的家鄉風氣,練就了上天下地的一技之長,靠著它四處去做無本生意,竟然也就這樣打開了另一片天地,敲響了吳橋的鑼鼓,世人給了它一個封號,叫做「雜技故鄉」。

老先生,您今年高壽?
我多少高壽啊?
我現在九十一。
九十一歲。
九十一歲了。
您身體還好嗎? 身體好吧?
身體啊,不強。
聽說您每天早上還自己做事,是不是? 做一些那個農事,農家的事情是不是?
我聽不見。
聽說您每天早上還自己幹活,是不是?
是。
聽說您現在還會講七國語言。
也會講七國語言。
哪七國?
哪七國,我講的是德國、法國、英國、義國、羅馬尼亞國、西班牙國、英語?
英語。說一句來聽聽看。
說哪一國啊?
隨便。
北京話?
不是,說外國話。
說外國話---- (講德語)
這是哪一國話?
羅馬尼亞。
這是羅馬尼亞話。
我說這------ 這是德語。
這是德語。
德語。
I can speak seven languages.

「雜技的故鄉」又叫雜技之鄉,吳橋有一則民謠,上至九十九,下到剛會走。吳橋耍玩藝兒,人人有一手。吳橋有個範村,人口四百多,而至少有七十人在外靠雜技謀生,據說吳橋像範村這樣的村莊不下一百個。而于集鄉有個家庭十八口,其中有十二口在演雜技,據說這樣的團體也不下五十個。

1930年,吳橋有一個叫孫富友,憑著一身藝高人膽大,創辦了中國第一個大馬戲團。此後,吳橋人承先啟後,最輝煌的時期曾經擁有三十個雜技團,三十個馬戲團,四百七十二個雜技組,總共動員了三千三百五十一人,有老也有小。時至今日,吳橋就像一個金字招牌的老店,向各地賣出童叟無欺的好角色,都是硬底子貨。
田間地頭,院落麥場,吳橋雜技便從這些貌不驚人的地方練出了萬字號而世代相傳,這是一種古老的表演,說穿了也是一種古老的買賣,只要有人買票,吳橋人就賣命到底。


伝説によると、蚩尤には81人の兄弟がいた。彼らはみな勇猛で頭に長い角を生やし、「逐鹿の戦い」で、鋭い角を武器として、炎帝と黄帝をじりじりと追いつめ、危うく中国人の祖先を抹殺してしまうところだった。逐鹿の戦いの後、中原あたりに定住したわれわれの祖先はしばしば戦いの情景を模して娯楽とし、それが後の「蚩尤劇」となった。その後、「蚩尤劇」は、炎帝と黄帝の子孫である中国人が演じたり鑑賞したりして楽しむ得意の見せ物となり、「百劇」または「雑技」とも呼ばれた。

 雑技はもとは退屈を紛らわす「手なぐさみ」で、芸術の域に達するまでには天と地ほどの差があり、永遠に芸術の仲間入りはできないものであった。いわゆる「寄席雑技」は芸を売ることだけを目的とし、「芸術」的なの要素があるとは認められなかったが、いつの頃からか長い時間を経て変化し「物は稀なるを以って貴しとなす」との言葉どおり、すべて衰えゆくもの、消えゆくものは文化や芸術の舞台に引き上げられる可能性が出てきたのである。

 「呉橋雑技」も同様に芸術の殿堂に堂々と仲間入りし、厳かで神聖な学び舎に生徒を受け入れるようになった。

  名前は何?
  張譚です。
  張譚君ですね。君の名前は?
  洋洋です。
  二人はいくつなの?
  五歳です。
  五歳です。
  あなたたちはこれをどのぐらい習っているの? つまり、この宙返りのことだけど。
  わかりません。
  わからないの。君はどのぐらい習ったの?
  わかりません。

  生徒さんたちは自分の意志で入りましたか、それとも学校側が集めてきたのですか?
  生徒募集の範囲は河北省内です。募集の時期になると河北省の各地方に行って募集します。
  ここにいる学生の平均年齢はかなり低いように見えますが、いくつからいくつまでですか?
  ここにいる生徒は五歳から八歳で、全体的な平均年齢は7,8歳です。

  呉橋は河北省に属する県のひとつで、黄河の下流にあり、大運河の東岸に位置している。南西には釣盤河、東側には四女寺河と呼ばれる川があり、水害が多発し、土地も豊かとはいえない貧しい県である。しかし、まさにこのために「窮すれば通ず」の言葉どおり、呉橋の人達は貧しさをばねに手品・雑技の町を作り上げた。手品・雑技の技能を身につけた人々は至る所で元手の要らない商売をして新たな活路を切り開くことができた。銅鑼や太鼓が鳴り響き、呉橋は「雑技の故郷」と呼ばれるまでになった。

  おじいさん、今年おいくつですか?
  いくつかって? いま91歳ですよ。
  91歳、91歳ですか? お体の調子はいかがですか? お元気ですよね?
  体はよくないね。
  今でも毎朝お仕事をされているそうですね。畑に出ていますよね?
  え、なんですって?
  毎朝働いているそうですね?
  はい、はい。
  今でも7か国語を話せるそうですね? 7か国語が話せるって、どこの国の言葉ですか?
  どこの国? 話せるのは、ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ルーマニア、スペイン、英語かな?
  英語をちょっと話してみてください。
  どこの国の言葉だって?
  どこでもいいですよ。
  北京語?
  いいえ、外国語を話してください。
  (外国語を話す)
  今のは何語ですか?
  ルーマニア語です。
  ルーマニア語ですか。
  これはドイツ語です。
  ドイツ語ですか?
  ドイツ語です。
  ドイツ語なんですね。
  I can speak seven languages.

「雑技の故郷」はまた雑技の里とも呼ばれる。呉橋の民謡に、上は九十九まで下はよちよち歩きの子供まで、と歌われているように、呉橋では誰でも雑技ができる。呉橋の範村は人口四百余りの小さな村だが、少なくとも70人は外地で雑技に頼って生計を立てている。範村のような村が百ヵ所以上もあるという。于集郷のある家庭は18人家族だが、そのうちの12人は雑技の芸人である。このような団体も50以上あるようだ。

1930年、呉橋出身の孫富友という人が抜きん出た雑技の才能と度胸で中国最初の大型サーカス団を創設した。それ以後、呉橋の人々は前人の経験と成果を受け継ぎ、新たな道を開拓して、最盛期には30のサーカス団、472の雑技グループを持って、合計3351人を動員した。団員にはお年寄りも幼い子もいた。今日になって、呉橋は立派な看板を掲げる老舗のように各地に老人にも子供にも喜ばれる本物の芸人を売り出している。いずれもしっかりした品物ばかりである。

畑のあぜ道、塀で囲った中庭の麦打ち場……、呉橋の雑技はこれらのありふれた場所で生まれ、いつしか知らぬ人のいない世襲の技芸となった。これは昔ながらの演じ物であり、言いかえば昔からの商売でもある。切符を買う人さえいれば、呉橋の人々は最後まで命がけの芸を見せる。