HOME(最初のページに戻る)


「通訳の耳」

通訳における自然言語情報処理の方法

このホームページに掲載しているのは論文の下書きのようなものです。具体的な実験やデータなどを収集整理して論文に盛り込むのはかなり先のことになりそうです。全体の概要はここをクリックしてください。


目次のタイトルをクリックするとそこに飛びます。
本文の中で特にポイントとなる語は関連する部分、他の論文あるいは別のサイトとリンクされています。これらを注釈や解説として提供していますので、是非クリックしてご一覧ください。

                        目次

0.はじめに

本論で扱う問題

通訳者による伝達の基本モデル

用語の定義

1.聴取と理解のプロセス

言語の聴解

外国語の聴解

切り分けと統合

長期記憶との照合

推論と予測

恣意的解釈あるいは書き換え

談話のダイヤグラム分析、空間配置読み(理解促進の方法)

2.ノート・テイキングから見た言語理解

命題的ネットワークによるSL分析とノートテイキング

SLからノートへの転換(意味の抽出)

selective listeningまたはactive listening

メッセージあるいは命題もしくは情報内容

英日、中日逐次通訳のノート分析

ノートテイキングの特徴

認知ファイルとノートテイキング

3.ノートからTLへ

 言い換え、補足、省略/訳出の組立(構文)

 起点言語と目標言語の対応

 個別言語の問題(英→日と中→日の相違)

4.同時通訳から見た言語情報処理

同時通訳のチャンキング

時間的制約による切り捨て

同時サイトラの順送り訳出

5.結論

 通訳者の聴取方法

 通訳の情報処理スキル

 「通訳の耳」とは何か

おわりに

参考文献リスト


摘要

TOP

問題提起:通訳者はどのようにSLを理解・処理・転換しているのか?

仮説

検証の方法

 ここでは主に逐次通訳のノートを検証のためのデータとして用いることにする。逐次通訳のノートは、通常は通訳者自身だけが使う道具であるから、送り手や受け手への配慮が働くことは極めて少なく、通訳者の言語理解の情況を、ノイズを排した状態で観察できる材料であると考える。