INDEXページに戻る


中国語はどうやって入力するの?

 


追加情報(6)

下記のサイトに中国語環境導入に関して詳しい情報が掲載されています。

☆ 中国情報局内 0円電脳講座 初級編  http://denno.searchina.ne.jp/begin01.html


☆ 中国情報局内 0円電脳講座 中級編  http://denno.searchina.ne.jp/middle01.html


追加情報(5)

JIS中文入力ソフトについて下記の情報をいただきましたので紹介します。

● もしワープロソフト一太郎か、あるいは日本語入力用IMEのATOKを持っていれば、ATOKにある辞書を追加すると、ピンイン入力でJIS漢字を入力することが出来るようになります。
「ATOK12用 中国語読み単漢字辞書」はシェアウェアで、500円です。
http://www.vector.co.jp/soft/data/writing/se102631.html  にあります。

ATOK9からATOK11までのバージョンを持っていらっしゃる場合は、上記URLからたぐると、それぞれのバージョン用のものが手に入ります。


追加情報(4)

新しい参考書を2冊紹介します

『コンピュータで中国語 Win&Mac』 二階堂善弘ほか 大修館書店 \2,100 1999年5月
 第一章 パソコンを始めるまえに
 第二章 Windowsで中国語
 第三章 Macintoshで中国語
 第四章 Win−Macでデータのやりとり
 第五章 中国語でインターネット
 第六章 中国語ソフト紹介
 付録 CD-ROM 

『電脳中国学』  漢字文献処理研究会編 好文出版 \2,850 1998年11月
 序章  ナビゲーター
 第一章 ワープロ、電子メールを使いこなす
 第二章 情報を収集しよう
 第三章 情報を発信しよう
 第四章 もっと詳しく知りたい人に
 付録 CD-ROM


追加情報(3)

JIS中文入力ソフトについて

以下の情報をいただきましたので、皆様にお知らせします。

● ニフティ・サーブの外国語フォーラムのデータ・ライブラリの五番の部屋、457番と458番で、フリーウェアまたはシェアウェアのソフトがダウンロードできるそうです。ATOK用の漢字変換辞書とのことです。ニフティの会員は簡単にダウンロードできます。日本語環境のなかで中国語メールをやりとりしたり、会議室やメーリングリストに中国語で発言するには非常に便利です。


追加情報(2)

中国語でメールを送受信するために

 Internet Explorer4.0 以降と Outlook Express の組み合わせを使っている方は、マイクロソフトのホームページでGlobal-IMEのランゲージパックをダウンロードすると中国語のメールが送受信できるようになります。簡体字はローマ字ピンイン入力、繁体字は注音入力が可能です。
http://www.microsoft.com/msdownload/iebuild/ime5_win32/ja/ime5_win32.htm  または
http://www.microsoft.com/windows/ie_intl/ja/  で「多国語をオンライン入力できる」から入ってください。


追加情報(1)

『中国インターネット案内』 何徳倫著 日本エディターズスクール出版 \1,600 

 中国のインターネット事情について、データをもとに丁寧に解説する。インターネットを介して、中国と交流したい、さらにはビジネスを始めたい人向けの力作。パソコンで中国語を操作する中国語ソフトの説明から始まり、初のネットワークCANETなど中国インターネットの歴史や現在の四大ネットワークの実体を取材している。商用ネットCHINA NETでは、1000種類以上の電子発行物を提供しているという。


Q1:ホームページやメッセージ・ボードの中国語はどうやって入力しているのですか?

私のホームページの中国語は全部日本語の漢字でできているニセモノ中国語です。使っているのは、「卓絶」という中国語IMEのソフトです。大きいパソコンショップに行けば手に入ります。そのソフトの最大の特徴が、「ローマ字ピンインを入力すると日本語JIS漢字で書ける!」ことなのです。で、当然のことながらJIS漢字にない文字は書けません。どうなるかというと、以下のようになります。

〓好! (「日本語にない文字は〓で表示」を選択)
(NI)好!(「   〃    簡ピン表示」〃  )
(イ尓)好!(「   〃  合成文字で表示」〃 )

このソフトは中国大陸で使っているローマ字ピンインを入力に使いますから、一字一字日本語の読みで入力するより何倍も楽です。また、日本語の環境で見たときに、全く文字化けがないので、日本語と中国語が混在したホームページを作るのにも適しています。私のホームページで「JIS中文」と書いてある文書や、対訳用語集・教材も全て「卓絶」で作ったものです。ただ、このときに合成文字で表示する字が多いと見にくくなりますから、なるべく日本語の漢字だけで表現できるような文章を考えたほうが良いと思います。

ふだん中国語の文章を書くときに使っているのは下記にも紹介しているChinese Writer ver.4です。

Q2:中国語のメールを送るにはどうすればいいですか?

なぜ私にこういう質問が来るのか疑問ですが、とにかく知っている限りお答えしましょう。

相手(受信者)の環境によって使える方法が何通りかあると思います。

  1. 相手に日本語の環境がある:上記の「卓絶」でJIS中文を作るのが便利。
  2. 相手が同じ中国語IMEを持っている:ワープロソフトなんかで文書を作って添付ファイルで送信。
  3. 相手はBIG5またはGBの環境:どちらの文字コードでも入力できるソフトがあります。
    私は「Chinese Writer ver.4」をつかっています。このソフトを使えば中国大陸の人や台湾の人と中国語のメールをやり取りできます。操作は簡単で、メールソフトを起動して新規作成の時に「言語」を簡体字中国語か繁体字中国語にし、多国語インジケータでGBかBIG5を選ぶだけです。たぶん他のソフトにも同じような機能があるんじゃないかと思いますが、私はこれしか使ってないのでわかりません。
    このソフトに関する情報は⇒高電社ホームページ
  4. Chinese Writer ver.3 の人「Chinese Writer ver.4」がない!という人でもメール送信は可能です。マニュアルをよく見ていただくと、テキスト・ファイル・コンバータについての説明があるでしょう、見つかりましたか? それを使ってチャイニーズライターで作った文書をGBやBIG5に変換してからテキストファイルで保存して、添付ファイルで送信してください。このとき、レター・ヘッドは英文にしないと化けるみたいですよ。私は前にこれをやったことがあります。ちょっと面倒くさいけど、どうやら成功したらしいから、試してみてください。でも、正直言って、「ver.3」を(正規の購入で)持っていれば一万円で4にバージョンアップできるから、却ってそっちのほうがいいですよ。
  5. 私のホームページにあるJIS中文の文書を日本語環境のない中国人に送りたい:これに関しては、かなり強引なやり方しか思いつきません。全部そっくり画像として送信すれば読めるんじゃないかな。
  6. その他の中国語入力システム&フォントの方:申し訳ないけど、使い方も知らない。
    マニュアルを見るか、製造元にお問い合わせください。
  7. 上記のいずれにも当てはまらない方:中国語の入力はあきらめたほうがいいです。

以上