HOME最初のページに戻る)


 通訳者養成クラスにおける評価内容


1.基礎的な能力

a.一般常識(新聞やテレビを含む他人の話をよく理解できるか)

b.幅広い知識(常に様々な分野の書籍や雑誌に目を通しているか)

c.学習能力(あるテーマについて自分で資料を収集したり調査することができるか)

d.体力はあるか(通訳業務をまる一日行なっても耐えられるか)

e.精神力はあるか(未知の分野に挑戦する、できなくても落ち込んだりしない)

f.人間関係を円滑に保てるか(身だしなみは?言葉遣いは?気配りは?)

g.演説の能力(聴衆を魅了するパフォーマンス・筋道の通った論旨展開)

h.相手国に対する理解(歴史・政治・経済・民俗・発想法・生活習慣・タブー)

2.ことばの能力(母国語・外国語両方について)

<IN PUT=聞く力、通訳においては音声の記号化−記号の思想化>

a.音声を言葉として認識する力(音を語として認識できる力。ボキャブラリーの豊かさがポイント)

b.言葉を意味として認識する力(語義、語法、語用、文脈、知識からの総合的理解を指す)

<OUT PUT=話す力、通訳においては思想から記号への再転換> 

*音声表現

c.か細い、または乱暴な発声をしていないか(信頼性、好感度の問題)

d.声の高さが一定に保たれ、極端な高音または低音になっていないか(聞き易さ)

e.発音・アクセント・イントネーションは正確か(聞き手にストレスのない日本語)

f.話し方の速度は適当か(理解を阻害しない適切な情報密度)

g.適当な間をおいた話し方をしているか(訳出の完成度を高める)

*言語表現

h.語彙の豊かさ(ひとつのことを何通りにも言い換えることができる)

i.言葉のレベルに対する敏感さ(その場にふさわしい語彙を選択することができる)

j.文法力(文章を組み立てる力がある)

3.通訳能力

*理解する力

a.私見を排して発言をありのままに素直に受け取っているか(思いこみを避け忠実に)

b.発言の単語にとらわれず意味をしっかりととらえているか(ビジュアルな理解も含めて)

c.論理分析を行い、情報を重要さに応じて整理しているか(話の意図を確実にとらえる)

d.各パラグラフの関係を把握しているか(逆接・順接・例示・反問などによる談話の組み立て)

*蓄える力

e.一時的に記憶することができるか(談話の組立を含めて)

f.通訳ノートは発言内容の再現に有効か、ノートすることにとらわれて通訳の質を落としていないか

g.発言を聞きおわった時に、発言の内容を完全に消化して自分のものにしているか

*発表する力(前述1−g,2−<OUT PUT>の項目を参照

h.特に同時通訳の場合に注意する事項
  文として完結しているか(言いかけた文を終えないと聞き手に理解しにくいばかりか、
                 はぐらかされたように感じる)
  文の途中で沈黙していないか(沈黙は聞き手に不安感を抱かせる)
  意味のない言葉の重複をしていないか(えー、あーなどの冗語の連発は耳障り)
  通訳以外の雑音がはいっていないか(ペンをノックする音、ページをめくる音。
                         パートナーへの助け船はメモでおこなう。)


TOP

 付録:さまざまな勉強方法  通訳能力の強化(自宅学習できる方法)

以下はすべて自分の声をカセットテープに録音して聞いてみること。
もしも、仲間がいればお互いにテープを交換して検討しあうのもよい。

1.SHADOWING :発言と同じ言葉で同時に発音する(同時通訳形式)
  イントネーション矯正、言葉の流暢さの向上、聞きながら話す訓練

2.SIGHT TRANSLATION :原稿を見ながら原語を普通の速度で読んだ時間内で訳す。
  意味の切れ目に/を入れ、文節の順序どおりに訳していく。
  順送りの訳し方訓練、文法力の強化、テキスト付き同通への導入

3.RETENTION :発言を1センテンス聞いてから同じ内容を繰り返す
  短期的記憶力の強化、文法力強化

4.PARAPHRASE:一つの言い方を何通りにも言い換える
  表現能力の向上、字面から離れる訓練

5.REPRODUCTION:発言を一段落聞き、自分のことばで文章を再構築して発表する
  記憶保持力、文章構成力、発表力

6.LOGIC ANALYSIS:一定以上の長さのある発言を図形化して分析する
  その後、自分で作ったDIAGRAM (分析図)を見ながらもとの文章を再現する。
  理解力強化、論理の分析力強化、視覚的な理解の促進、情報整理

外国語能力の強化

7.DICTATION :カセットテープを利用しての書き取り練習

8.READING :大量の、しかも幅広い読書

9.朗読してテープに吹き込み発声や発音を検討する。

10.分野別に自分で単語集を作成する。単語テープ・成語テープなども良い方法。

11.映画・ビデオ鑑賞


まとめ:学習の材料と訓練方法

<学習の材料>
1.ベタ原稿        
2.発言メモ        
3.カセットテープ     
4.ビデオテープ     
5.発言者・講演者   
6.ベタ原稿+カセット 
7.ベタ原稿+ビデオ  
8.ベタ原稿+Speaker
9.発言メモ+カセット
10. 発言メモ+ビデオ
11. 発言メモ+Speaker
12. カセット+ビデオ
13. 単語テープ
14. センテンス・テープ

<訓練方法>
ア.reading          
イ.listening           
ウ.public speaking       
エ.dictation           
オ.shadowing         
カ.retention,Hendrickx    
キ.reproduction      
ク.paraphrase
ケ.recall(note taking)
コ.summarize
サ.logic analysis
シ.Q&A
ス.translation
セ.concecutive interpretation
ソ.simultaneous interpretation


TOP

通訳訓練における各種教材の使い方に関する提案

使用する教材の種類                     
 1.ベタ原稿(新聞・雑誌・スピーチ原稿)         
 2.発言の概要メモ                       
 3.カセットテープ(講演・対談など)              
 4.ビデオテープ(講演・対談・報道・特集番組など)   
 5.講演者(教師や学生による発表も含む)       
 6.単語だけを録音したカセットテープ           
 7.一文ごとにポーズを入れて録音したカセットテープ  
*教材の組合せ
    1+3   1+4   1+5  2+3   2+4    2+5   3+4

向上させたい能力
外国語力
 
A.発音・アクセント・イントネーション・流暢さ
B.文法力
C.語彙(単語・熟語・成語ことわざと応用の方法)
D.リスニング力
通訳力  
E.記憶保持力(短期記憶)
F.論理の分析力
G.直訳・逐語訳の追放(言葉を意味でとらえること)
H.ノートテイキングの技術
I.演説の技術(Public Speaking )
その他  
J.一般常識の強化
K.学習能力の向上(調査能力など)

通訳の種類
 <通訳形式による分類>    
逐次通訳                       
同時通訳(含whispering)         
時差同時通訳*                
セミ同時通訳*        
(*は放送通訳対応)     
 <業務内容による分類>
ガイド通訳
一般通訳(随行など)
テクニカル通訳
会議通訳
放送通訳
<就業形態による分類>
企業内通訳者
専属通訳者
エージェント登録通訳者
フリーランス通訳者

主な訓練法
基本的能力   
ア.論理分析=logic analysis
音声あるいは文字による教材の論理展開を図解する。
イ.演説の技術=Public Speaking
あるテーマについて予習させ、3−5分のスピーチをさせる
これによって一般常識および学習能力の強化も図る。

原語による再生 (Aは母語、Bは外国語を指す)
ウ.単語単位で繰り返す=Hendrickx 法 (A/B)
エ.1-2sentencesで繰り返す=reproduction (A/B)
オ.3-4sentencesを聞いて内容を再生=retention (A/B)
カ.原語による言い換え=paraphrase (A/B)
キ.原語による説明:長文を聞き要旨を説明またはQ&A(A/B)
ク.原語の音声を聞きながら同時に再生する=shadowing (A/B)
ケ.書き取り練習=dictation (B)
           

訳出語による再生
コ.逐次通訳=concecutive interpretation  短時間でA原語  
5秒から1分聞いてノートをとらずに通訳。  →徐々に長時間  
1分から3分聞いてノートをとり完全に訳出。 でB原語へと段  
3分から5分聞いてノートをとり要旨を訳出。 を追って指導   
サ.同時通訳=simultaneous interpretaion           
最初は簡単な内容で速度の遅いものにポーズをいれて
次に一般的な時事問題で普通の速度のスピーチで
最終的には国際会議の報告など専門的な内容のもので
原稿あり−メモ程度−原稿全くなし、の段階を追って指導
シ.時差同時通訳(放送通訳対応)
1.翻訳原稿を用意させ、同時に読み上げてゆく形式。
2.二回ほどビデオを見せてメモをとらせた後にブースに入る。
ス.文字を見ながら訳出する:Sight Translation
要旨説明後、原稿を渡し原語の発言所要時間内に訳出
原稿を渡してやや長めに切りながら逐次通訳

教材の種類 訓練方法 チェック事項
ベタ原稿 ア.論理分析
カ.言い換え練習
キ.説明とQ&A
ス.サイトラ
論旨をよく理解し情報をうまく整理しているか   
語彙の豊かさ、文章構成力   
論旨をとらえて客観的に説明しているか   
順送りの訳、言葉の滑らかさ、文法力 
カセットテープ カ.・キ.・ケ.dictation
エ.reproduction
オ.retention
ク.shadowing
コ.逐次通訳
サ.同時通訳
音声を正しく文字として捉えられたか
内容を理解して発言しているか
正しく記憶しているか
速度、滑らかさ、発音、イントネーション
発表力、発言態度、語学力、音声表現
聞きながら話すことができるか、発声、発音は正しいか
発言メモ イ.メモをもとにspeach 演説の技術(聴衆を引き付ける力があるか)
筋道の通った話し方をしているか
ビデオ カ.キ.ク.コ.サ
シ.時差同時通訳
音声表現、画面との一致、表現の受け入れ易さ
スピーチ イ.Public speaking
キ.コ サ.
スピーチパフォーマンス
発言原稿やメモの作り方
単語テープ ウ.Hendrickx 
オ.retention 
正確に復唱しているか
間隔を徐々に長くして練習
単文テープ オ.ケ.コ.サ. 記憶の正確さ、反応の速さ、訳出語の適切さ

TOP

段階的通訳訓練法 (楊承淑著『通訳の原理と方法』を整理したもの)

通訳基本技術科目 訓練方法 通訳関連専門科目
 1.シャドーイング
 2.逐次通訳   
 3.短文逐次通訳
 4.短文同時通訳
 5.要約通訳   
 6.逐次通訳   
 7.同時通訳+原稿 
 8.原稿なし同通   
 9.方言聞き取り  
10.スピーチ




発音・発声訓練
ヘンドリックス
リテンション 
シャドーイング 
要旨論述
事前準備の方法
逐次通訳 
言語表現研究
要約通訳 
朗読の技巧
ノートテイキング 
スピーチパフォーマンス
原稿付き同時通訳

 1.通訳業務の紹介  
 2.談話構造分析 
 3.通訳・翻訳理論   
 4.コンピュータの利用 
 5.サイトラ
 6.一般逐次通訳   
 7.一般同時通訳   
 8.専門知識講座  
 9.専門用語の研究 
10.レトリックの研究   
11.外国文化の研究   
12.テーマ別通訳研究   
13.専門分野同時通訳   
14.専門分野逐次通訳   
15.通訳実習   

TOP