通訳の実務 
会議通訳
専門分野における相互交流と
国際理解の促進を支える

会議通訳
会議通訳者(Conference Interpreter)
一般に「同時通訳者」とも呼ばれる
同時通訳の技術を習得している
主に国際会議で通訳を務める
通訳技術そのものを提供することが仕事
大部分はフリーで活躍している
エージェントによるランク分けがある
Aランク:どんな専門分野でもこなせる同時通訳者
Bランク:全分野で逐次、一般的内容の同時通訳
C(一般通訳):経験年数が浅く、同時は得意分野で
会議通訳者の仕事
企業
記者会見、商談、記念式典、新製品発表会、
 研修、VIP付き、社内会議
学術関連の国際会議
学会、講演会、シンポジウム
来日著名人の講演会
ビジネス関係のシンポジウム、セミナー
パーティー、祝賀会、懇親会

国際会議場
大規模な国際会議場
同時通訳ブース
同時通訳装置の置かれた常設ブース
                 ブースから会場を見る
ホールに設置する仮設ブース

専門分野の会議でのブース内
会議通訳者になるには
資格制度はない
誰でもなれる。問題は仕事がとれるかどうか。
通訳スクールで学ぶことが会議通訳者への近道
OJTの紹介を受け、簡単な仕事から開始
見本市ブース付き、商談通訳、通訳コンパニオン、随行通訳など一般通訳の仕事から開始する
主に半年以上在籍している成績優秀者を講師が推薦
最上級クラス進級
講師や先輩と一緒に会議デビュー
順調にいけば会議デビュー後5年ほどで中堅通訳者

一般通訳
同時通訳は原則として行わない(まれにウィスパリングが求められる程度)
求められるのは通訳技術の提供だけではない
会議通訳者と異なり一人で働くことが多い
業務の内容は多岐にわたるが、主に研修通訳や随行、簡単なビジネス・ミーティングを行う
通訳内容は専門性の低いものが多い
特に研修通訳は政府の外郭団体である国際交流協力センターが長期間にわたって主催することが多く、非英語一般通訳者の業務を多く提供している

一般通訳の仕事
日常レベルでのコミュニケーションを主とする
一般通訳のレベル分け
あいさつ、日程説明、会食、買い物の世話、会場案内、エスコート、国際見本市など → 駆け出し
専門性・技術性の低い商談、交渉、随行、宴会、工場見学など → 経験2年程度〜
技術研修通訳、視察団随行、一般的な講演、複雑な企業ミーティング → 経験5年程度〜
一般通訳の仕事が順調なら会議通訳者は目指さない人がほとんど。

日本における 国際会議通訳業務の流れ
通訳の事前準備
資料の読み込み
訳語調べと単語帳の作成
参考図書による予習
周辺知識の拡充
スラッシュ・リーディング
(読み原稿作成)
資料の整理
会議通訳の仕事の8割は 事前準備
辞書、参考書、パンフレット、Webサイトなどで 専門用語の訳語を調べて用語集を作成。
例:バイオテクノロジー関連で作成した用語集一部
 jiyinchongzu, 基因重組, 遺伝子組み替え,recomcinant DNA
 jiyinku, 基因庫,遺伝子ライブラリ,gene libraries
 jiyinxuanzhi, 基因選殖, DNAクローニング,gene cloning
 jiyinzhiliao, 基因治療,遺伝子治療,gene therapy
 jiyinzhuanyi, 基因転移,遺伝子導入,gene transfer
 jiyinzhunzhidongwu, 基因転殖動物,トランスジェニック動物
国連通訳という仕事
日本語は国連の公用語ではない。そのため、日本語母語話者が国連の会議通訳者になる機会はない。
6つの公用語、すなわちアラビア語、中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語での翻訳、通訳、編集、議事録作成、校正の分野です。通訳者は、国連のすべての組織の会合で必要とされます。少なくとも3つの公用語に堪能であることを要求される通訳者は、すばやく、正確に、しかも多くの場合、書かれたテキストなしに、1つの言語から別の言語に変換するという試練に日々立ち向かっています。翻訳者も、3つの言語に堪能であることが必要とされ、社会、政治、技術、財務、その他の分野における報告書、決議、公式発表の翻訳を行います。 (以上、国連広報センターWebサイトより)
国連通訳という仕事

国連通訳に関するビデオを見て
会議通訳に対する理解を深めましょう。

途中で同時通訳の実演が見られるかも?!