通訳翻訳論 2008.07.09
翻訳・通訳の理論(2)
1.日本の翻訳論
2.翻訳の工夫と実例

近現代の翻訳論
翻訳論にはいくつかの種類がある
文学者が翻訳の文章について述べたもの例:三島由紀夫
翻訳者が体験をもとに所感を述べたもの例:二葉亭四迷 他多数
翻訳という職業について紹介したもの
語学者が個別言語の翻訳について論じたもの
言語学者が翻訳一般について論じたもの
翻訳の歴史について研究したもの
                         等々
翻訳についての様々な主張
二葉亭四迷「余が翻訳の標準」
岩野泡鳴『表象派の文学運動』訳者の序
大山定一vs吉川幸次郎 『洛中書問』
谷崎潤一郎『文章読本』西洋の文章と日本の文章
三島由紀夫『文章読本』翻訳の文章


『余が翻訳の標準』二葉亭四迷
原文の音調を再現する翻訳外国文を翻訳する場合に、意味ばかりを考えて、これに重きを置くと原文をこわす虞(おそれ)がある。須(すべか)らく原文の音調を呑み込んで、それを移すようにせねばならぬと、こう自分は信じたので、コンマ、ピリオドの一つをも濫(みだ)りに棄てず、原文にコンマが三つ、ピリオドが一つあれば、訳文にも亦ピリオドが一つ、コンマが三つという風にして、原文の調子を移そうとした。
『余が翻訳の標準』二葉亭四迷
文体と詩想を再現する翻訳文体は其の人の詩想と密着の関係を有し、文調は各自に異っている。従ってこれを翻訳するに方っても、或る一種の文体を以て何人にでも当て嵌める訳には行かぬ。各別にその詩想を会得して、心身を原作者の儘にして、忠実に其の詩想を移す位でなければならぬ。これ実に翻訳における根本的必要条件である。
『余が翻訳の標準』二葉亭四迷
原作に含まれたる詩想を発揮する翻訳原文を全く崩して、自分勝手の詩形とし、唯だ意味だけを訳す。ーー中略ーー兎に角原詩よりも訳の方が、趣味も詩想もよく分る、原文では十遍読んでも分らぬのが、訳の方では一度で種々の美所が分って来る、しかも其のイムプレッションを考えて見ると、如何にもバイロン的だ。
岩野泡鳴による新語法の試み
『表象派の文学運動』における「訳者の序」
「ぼくは緩慢な意訳をも、昔の変な直訳が行けないと同様、行けないとする者だ」
今日の翻訳家は原文の口調や語勢までは注意しないが、それは「誤訳ではないまでも、不親切な訳といはなければならない」
自分のやり方は「接続詞、接続代名詞、もしくは接続副詞でつながれる混成句または複成句をも、努めて原文の順序通りに送って行った。これが原文の口調や語勢を、さらにまた原文のくせを、忠実に維持する所以だからである」
岩野泡鳴による新語法の試み
『表象派の文学運動』における「訳者例言」
「訳文のむつかしいのは、原文の語法と発想を出来るだけそのまま再現してあるからである」
本書をすぐ理解するだけの相当な素養が出来るまで読まないでいる方がよかろう(と云ふのは、訳文のほうへ先づけちをつけられるのは訳者のはなはだ不本意とする所だから)」
「凡て日本文としてもあらゆる常套を脱しているつもりだ、清新な思想には清新な語法が必要だと云ふ意味で」
岩野泡鳴による新語法の試み
『表象派の文学運動』原文と本文の比較
France is the country of movements,仏蘭西は諸運動の国であって、and it is naturally in France自然と仏蘭西においてthat I have studied the development of a principle一主義の発展を研究したがwhich is spreading throughout other countries,この主義が他の諸国に弘まっていくのは、perhaps not less effectually,if with less definite outlines.たとえはッきりした輪郭が少ないとしても、恐らく少からず有効にだ。
同じ文章の一般的な翻訳
 perhaps not less effectually,if with less definite outlines.それは、輪郭の明瞭さを減じはしても、だからといって効果を減ずることはなしに、他の国々に広がりつつある。
同時通訳の「順送り訳」(参考)
France is the country of movements,フランスは運動の盛んな国です。and it is naturally in Franceそこで必然的にフランスではthat I have studied the development of a principleある主義の発展について研究しました。which is spreading throughout other countries,その主義は他国にも拡大しつつあります。perhaps not less effectually,おそらくその有効性が失われることはないでしょう。if with less definite outlines.輪郭が多少ぼやけることはあるかもしれませんが。
『洛中書問』文学の翻訳は文学か
大山定一(ドイツ文学者)と吉川幸次郎(中国文学者)の翻訳に関する往復書簡
昭和十九年、雑誌『学海』に連載
戦後になってから『洛中書問』として一冊にまとめられ出版
大山:文学の翻訳は文学でなければならぬ吉川:翻訳は学問研究の方便であり原文の持つ観念を忠実に伝えればよく、読者への過度の関心は無用
大山定一翻訳によるゲーテの詩
旅人の夜の歌 二
山々は
はるかに暮れて 
梢吹く 
ひとすじの
そよぎも見えず 
夕鳥のこえ木立に消え
あわれ はや
わが身も憩わむ

「旅人の夜の歌」 原文との対照
Wandrers Nachtlied II   
Uber allen Gipfeln  

Ist Ruh,  

In allen Wipfeln
Spurest du
Kaum einen Hauch;
旅人の夜の歌 二
山々は 
(すべての山々のいただきに)
はるかに暮れて 
(休息がある)
梢吹く 
ひとすじの
そよぎも見えず

「旅人の夜の歌」 原文との対照
Die Vogelein schweigen
in Walde.
Warte nur, balde

Ruhest du auch.
夕鳥のこえ木立に消え
(鳥が森の中で沈黙する)
あわれ はや
(待つがよい やがて)
わが身も憩わむ
(お前も休息する)

参考生野幸吉訳 旅人の夜の歌
峰はみな
しずもり
梢に
風の
そよぎなく
小鳥は森にふかく黙す
待て しばし 
やがておまえも憩えよう

『洛中書問』 吉川幸次郎の見解
大山訳のゲーテの詩は「逐字訳」ではない
翻訳は要するに方便であり、童蒙に示すためのものである
外国文学研究はあくまでも原語で行うべき
方便であるなら原文の持つだけの観念を、より多からず、またより少なからず伝えるほうが童蒙には便利
日本の読者に対する過度の関心はかえって日本の学問の能力をそこなうおそれなきに非ず
『洛中書問』 大山定一の見解
翻訳が作品の内容を正直に伝えるだけのものなら、所詮通弁の取るに足らぬ仕事だ
文学作品の翻訳は、もしその作品が日本において生まれたものであるなら、こうなっていたであろう、という翻訳であるべきだ
外国文学の翻訳は、日本に当然なければならなかった作品を翻訳の対象とする。シュレーゲル訳のシェイクスピアは「ドイツ語のシェイクスピア」と呼ばれる。ドイツ語で当然書かれるべくして書かれなかった作品が、翻訳という形で示された好例である。

谷崎潤一郎『文章読本』
初版1934年刊行
中公文庫1994年版より引用
書くための文章読本
「西洋の文章と日本の文章」(P44〜60)に見る谷崎潤一郎の翻訳観
谷崎潤一郎『文章読本』      外国語の及ぼす影響
全く系統を異にする二つの国の文章の間には、永久に踰ゆべからざる垣がある、折角の長所も垣を踰えて持ってくると、帰って此方の固有の国語の機能をまで破壊してしまうことがある。
われわれは明治以来、西洋文の長所を取り入れるだけ取り入れた、我が国文の健全な発展に害を及ぼしつつある
取り入れすぎたために生じた混乱を整理することが急務
谷崎潤一郎『文章読本』          日本語の特色
日本語は語彙が乏しい。例「まわる」:転・旋・繞・環・巡・周・回・循などの意味を一語で。
漢語や外来語を取り入れ語彙の乏しさを補ってきた
語彙の乏しさ即ち文化の低さではなく、我らの国民性がお喋りでない証拠、日本では能弁の人を軽蔑する傾向がある
日本語はお喋りに適しないように発達した、くどくど言わなくてもわかる言語
国民性を変えず国語だけを改良しようとしても無理
谷崎潤一郎『文章読本』          英文和訳の困難
精密な描写、形容詞の多用に適した構造の英文をそのまま日本語に訳してもゴチャゴチャとして言いたいことが伝わらない。
His troubled and then suddenly distored and fulgurous, yet weak and even unbalanced face彼の困惑した、そうしてそれから突然にゆがめられ、閃々と輝いているところの、だが弱々しく、そうして平衡をさえ失っている顔
読者はただ言語の体積を感ずるにとどまり、どういう顔つきを言っているのかよくわからない                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          
谷崎潤一郎『文章読本』          和文英訳の困難
同じことでも英文ではいかに言葉が多くなるか
かの須磨は、昔こそ人のすみかなどありけれ、今はいと里ばなれ、心すごくて、海女の家だに稀になむ聞き給へど、ひとしげく、ひたたけたあむ住まひは、いと本意なかるべし。There was Suma. It might not be such a bad place to choose. There had indeed once been some houses there ; but it was now a long way to the nearest village and the coast wore a very deserted aspect. Apart from a few fissherman’s huts there was not anywhere a sign of life.This did not matter, for a thickly populated, noisy place was noto at all what he wanted;
谷崎潤一郎『文章読本』          和文英訳の困難
原文は言わなくても分かることはなるべく言わないですますようにし、英文は分かり切っていることでもなお一層分からせるようにする。
英文はより精密、不鮮明でない。
三島由紀夫『文章読本』
初版1959年刊行
中公文庫1994年版より引用
読むための文章読本
第六章 「翻訳の文章」(P91〜100)に見る三島由紀夫の翻訳観
三島由紀夫『文章読本』 
翻訳の初期
多少の誤訳があっても雅文体や漢文混じりの日本人好みに翻訳されたものが歓迎された。
明治の翻訳文学
二葉亭四迷の頃から独特の西欧的雰囲気をもった文体が日本語で作られ始めた。
欧文脈の成立
徐々に翻訳調という奇妙な直訳調が跋扈するようになった。
翻訳調と日本語の融合
日本語の文章そのものに翻訳調が入り込み、翻訳の文章を日本語として読むような状態となった。
三島由紀夫『文章読本』 
全体的効果を再現する翻訳
如何に語学的に正確であっても、日本語で読んでよい翻訳とは言えない。作品としての全体的効果がうまく移されているかどうかが重要。
翻訳の二つの対照的な典型的な態度
個性の強い文学者の翻訳になるもの:外国の文物や風俗が完全に日本語に移されないことを承知の上で、あたかも自分の作品であるかのごときクセの強い翻訳を作る態度
オーソドックスなやり方:とうてい不可能ながらも、原文のもつ雰囲気や独特なものをできるかぎり日本語で再現しようとする良心的な語学者と文学の鑑賞力を豊富に深くもった語学者との結合した才能をもつ人が試みる翻訳
三島由紀夫『文章読本』 
読者のとるべき態度
わかりにくかったり、文章が下手であったりしたらすぐに放り出してしまうことが原作者への礼儀。読者が翻訳の文章を読むときにも、日本語及び日本文学に対する教養と訓練が必要。
翻訳文は日本語であり、日本の文章である
読者は語学とは関係なく自分の判断でよい翻訳と悪い翻訳を見分けられる。
訳せないもの
二つの実体を指し示す記号表現
目標言語の世界にないもの
テクスト外参照、パロディ
多義的な文
訳せないものを訳す工夫
翻訳可能で翻訳必要→訳す
翻訳可能で翻訳不要→訳さない
翻訳不可能で翻訳不要→訳さない 
翻訳不可能で翻訳必要→どうにかする

 翻訳には理論的には限界があるが、翻訳行為(翻訳技術)には限界がない。
二つの実体を指し示す記号表現
かけことば、だじゃれ
「パンダの食事は?」            パンダ
「パンだ」     

記号表現(形式)
記号内容(実体)

一形式(音声・文字)が二つの実体を指し示しているが、
翻訳・通訳では二つの実体のうちのひとつしか
保持できない。
アジアの「てつじん」政治家
国際会議アジア経済人会議
ゲスト:中曽根元首相、リー・クアンユー元首相
司会:竹村健一
ゲスト紹介で「お二人ともアジアの“てつじん”政治家です」「鉄人であるばかりでなく、哲人でもあります」
同時通訳ブースには舌打ちとため息
「鉄人政治家としての哲学をお持ちです」
訳せないものを訳す工夫(例)
(ある薬品を添加して)「これを加えると、納豆のように糸を引くようになります」
翻訳のコンテクスト
聞き手の属する社会に「納豆」はない。
話し手のメッセージは粘りを生じて糸を引くようになる様子を視覚的なイメージで聞き手に伝えること。
製薬会社の実験室での通訳業務であり、ここで「納豆」について説明しても無意味である。
聞き手の目の前に実物があり、可視である。

訳せないものを訳す工夫(例)
    納豆             抜糸地瓜


            〓>>                          
訳した結果が原文を超えた例
原文(中国語)「私たちの会社には“惧内協会”があって……」
惧内:「妻(内人)を恐れる(恐惧)」
訳文(日本語)「我が社には『きょうさい組合』がありまして……」
きょうさい ? 恐妻/共済
聞き手は日本の会社員。最初に聞いたときは当然「共済組合」と理解。徐々に「恐妻組合」であったことが明らかになり、原文より面白さが際だつ結果に。
テクスト外参照の例
晩餐会で純米吟醸酒が供された外国の賓客:「一口飲んですっかり気に入りました」日本側ホスト:「まさに、ひとめぼれですね」
「ひとめぼれ」が米の銘柄であること、この日本酒が「ひとめぼれ」という銘柄米から作られたこと、そのためホストが「一口で気に入った」と言ったゲストにしゃれた受け答えをしたことを説明するしかない→面白さ台無し!
翻訳の難しさ多義的な文章の解釈
女性雑誌の車内広告で見かけた例
みんな欲しいシャネル
誰もが欲しがるシャネルの製品?
シャネルの製品なら何でも欲しい?
どちらか片方の意味だけを訳すなら可能
両方の意味を保持した翻訳は困難
翻訳の難しさ多義的な文章の言い換え
わが社のモットー「人をつくり、物をつくり、富をつくる」
意味を訳すのは可能
同じ動詞の繰り返しを再現するのは不可能。
「人をつくり、物をつくり、富をつくる」
通訳翻訳ではどう処理すべきか
通訳翻訳とは解釈と言い換えである
言語内翻訳してみよう「人材を育成し、製品を生産し、利益を創出する」
言い換えから言語間翻訳を可能にする
言い換えの方法は個別言語によって工夫が必要となる
翻通訳者の取りうる手段
等価置き換え
学術用語など一義的定訳がある場合例: 電泳,電気泳動, electrophoresis     粒腺体,ミトコンドリア,mitochondria
補足説明
最終受容者に理解されにくい概念例: 地域に独特な食べ物などは説明が必要 お好み焼き Japanese-style pancake  containing vegetables and other foodstuff
翻通訳者の取りうる手段
変容適合
同様、類似の連想を喚起する記号表現を充当白足袋 → 白い手袋(『斜陽』の翻訳)ドナルド・キーン氏が『斜陽』の翻訳で、白足袋を white gloves と訳した(中略)。白足袋が礼装であるのに対し、white socks はテニスにでも出かけそうなカジュアルな服装です。儀式ばった礼装というなら white gloves がぴったり。別宮貞徳『翻訳読本』
類似代用
近接する意味を持つ語句で代用包子 → まんじゅう龍 → dragon
類似代用の危険性 龍とドラゴン
翻通訳者の取りうる手段
模倣
文体や詩の形式のスタイルを真似る例:俳句の中国語訳 音の数を合わせる試み(芭蕉原文):古池や 蛙飛び込む水の音 (林林訳文):古池塘呀, 青蛙跳入水声響
不変換
語による語の説明では変換しない例:台湾ではパンダを猫熊といい、中国では熊猫と言います。  (猫熊と熊猫はそのまま保持)
形式自体に意味がある(固有名詞が典型的)Mr.Brown≠「茶色さん」
翻通訳者の取りうる手段
新語の創作
新しい表現と概念の創造解体新書の「義訳」、明治時代に作られた多くの翻訳語
統合と展開
二語以上の表現を一語で表す、またはその逆姉と妹  → sisters (日→英)an elder sister and a younger sister →特に強調している感じを与えてしまうので不適切。 孫    →  外孫女 (日→中)hot water → 湯 (英→日)
翻通訳者の取りうる手段
削除、省略
メッセージに関わらないまたは受容不可能な語句英日翻訳・通訳における人称代名詞、指示詞TLの文章表現中に潜在させることが可能な情報再帰代名詞、仮主語など翻訳不要な文法事項
再編成
テクスト構成の変更、情報提示順序の整理必要に応じて結論から先に言うなどの操作
翻訳通訳のプロセス (2)転換
目標言語の視聴覚記号として表出
テクスト周辺情報の参照
伝達可能性と伝達必要性の検討
もっとも受容しやすい形式を選択
             T/I Filter




M:message・伝達内容
R:relevance ・関連性
C:code・記号形式

翻訳通訳のプロセス (2)転換
翻訳通訳行為における情報の取捨選択
起点言語のテクストに含まれる指示対象(何について語っているか)と、テクストの意義(何のために語っているのか)は目標言語においても保持される。
翻通訳者は指示対象と意義の保存のために記号表現を捨て去る。記号表現はSL内部でのみ機能するため、翻通訳者によって閉め出される。
TL変換後に潜在情報となる記号表現がある。
SLで潜在している情報が顕在化することがある。
SLのコンテクスト依存情報がTLにおいて顕在化する、または翻通者によって引き出され、説明される。
翻通訳の評価
特定のテクスト、特定の相手、特定の目的、特定の歴史的状況、特定の文化背景、特定の場所における、最良の翻訳と通訳
社会通念としての最適な記号表現
標準的な国語表記と音声表出
言語使用域に照らして適切なスタイル
訳出表現の芸術性
翻訳、通訳における知名度の問題
出版社、エージェンシーの信頼性
翻通訳者個人の知名度
翻訳・通訳における技術
語学力と翻訳通訳の熟練技術の違い
語学力:ある個別言語内の運用力を問題にする
翻通訳技術:二つの個別言語間を自由に行き来する能力       高い語学力を前提とする