通訳翻訳論 2008.06.25
翻訳・通訳の理論(1)
言語について「一般言語学講義 」(ソシュール)
・ランガージュ(langage):言語活動。人間のことばを使う能力と、ことばを使って行なう具体的な活動。
・ラング(langue):言語。言語活動の歴史的・社会的所産として同じ共同体の成員が共有する記号体系。システムとしての個別言語。
・パロール(parole):ラングの規則にしたがって個人が意思を表現・伝達する一回ごとの発話行為。
○ 翻訳通訳の対象となるのは「パロール」であって、「ラング」ではない。
翻訳・通訳とは?
言語:ラング(個別言語)を対象として研究
翻訳・通訳:パロールによって成立する行為
パロールの拠って立つところ:個別言語
翻訳・通訳はラングに対する知識を基礎とし、パロールを扱う
翻訳・通訳のプロセス:起点言語(SL)の「解釈」→目標言語(TL)への「転換」→文字または音声による「表出」
翻訳・通訳が担う責任
原文に対する忠誠(送り手への責任)
語から語へ一対一対応
文構造、テクスト結束性を反映
SL受け手とTL受け手に同じ反応
テクスト・タイプ、言語使用域と社会的位置づけ
訳文に対する忠誠(受け手への責任)
5W1Hを伝達
受け手に応じた、場に相応しいスタイル
個別言語に対する忠誠(言語変革への責任)
新たな語彙、新たな概念、新たな思想の輸入者

                  
    
等価なメッセージ?
翻訳における等価と効果
語彙、文法のレベルで価値が完全に等しい訳出を行うことはできるか。
数式や化学元素記号などはもともと言い換えを必要としない。
自然言語におけるテクストの形式的な等価は同じ文法形態を持つ言語間でも不可能。
Traduttore, traditore
翻訳者は裏切り者
翻訳者は反逆者
訳者はやくざ
等価なメッセージ?
適切な訳語
適切な文体
原文の結束構造と結束性の維持
テクストの目的を達成(スコポス理論)
適切な言語使用域
SLテクストをTL個別言語に移植
受け手に応じた柔軟な対応と選択
「言語使用域」(Register)という概念
あるメッセージが発信者から受信者に正確に伝達されるためには、その場に適した「言語使用域」が必要
SL(M1)の社会における位置
=>TL(M2)の社会における位置
場面とテクストの内容にふさわしい表現
言語使用域
SLテクストの社会的位置づけと文体を保存したTLの産出
翻訳された論文もまた論文でなければならない
訳された歌詞は歌えなければならない
首相の演説は演説らしく
「相手の口ぶりによって訳す」
もしこのテクストを書いたのがTL母語話者なら
聞き手の期待する談話の“格調”とは

“I love you”の訳し方?
二葉亭四迷の翻訳(女性のせりふ)「死んでも、いいわ」
夏目漱石の翻訳(男性のせりふ)「君といると、月がきれいですね」

翻訳小説と役割語
日本語における役割語の使用とその効果
誰のセリフですか?
「わしはとっくに知っておったんじゃ」 
「わたくしはとうに気づいておりましたわ」 
「わたし、それ、知ってたアルよ」 
「オウ、ソノコト、ワタシ、シッテマシタネー!」 
「そんなこたぁ、こちとらぁ、とっくのとんまにご存じよ!」 
翻訳における「役割語」の役割
メリット
誰が話しているか分かりやすい
TLの読者に受け入れやすい
翻訳の省力化(工夫が要らない)
デメリット
ステレオタイプに陥りやすい
安易な翻訳態度を助長する
オリジナルにない味付けをしてしまう
外国人スポーツ選手の話し方?
SLテクストをTLの社会に移植する
言語内翻訳
同じ個別言語内で言い換える
受け手の解釈による差異が大きくなりがち
言語間翻訳
異なる社会において異なる言語で生み出された作品を翻訳する
古典の現代語訳、外国語訳
言語内翻訳と言語間翻訳にまたがる翻訳
古典現代語訳の例
『桃尻語訳 枕草子』 橋本治 河出文庫
訳者のことば:これは正真正銘の“直訳”、言葉を補って訳すということはしていない。
原文:冬はつとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火などいそぎおこして、炭もてわたるもいとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもて行けば、火桶の火も白き灰がちになりてわろし。
翻訳:冬は早朝(つとめて)よ。雪が降ったのなんか、たまんないわ!霜がすんごく白いのも。あと、そうじゃなくても、すっごく寒いんで火なんか急いでおこして、炭の火持って歩いてくのも、すっごく“らしい”の。昼になってさ、あったくダレてけばさ、火鉢の火だって白い灰ばっかりになって、ダサイのッ!
持統天皇の和歌
春過而 夏来良之 白妙能 衣乾有 天之香来山春すぎて 夏来(き)たるらし 白妙(しろたへ)の衣(ころも)ほしたり 天(あま)の香具山(かぐやま)
現代語へ「直訳」春が過ぎて夏が来てしまったようだ天の香具山に白い衣が干してある
持統天皇が現代の歌人なら?

ゆれる せんたくもの お日さまの においが一杯。深みどり色の 夏のはじめ。松村よし子『新釈・平成イラスト版 恋の百人一首』(文化出版局)

持統天皇が英語/中国語話者なら?
Spring is over and the summer seems to have come now,I look at white dresses spread to be dried up in the sunshine at the foot of mountain Kaguyama.
春方??去,夏又到人? 白衣无数点,??香具山 ※訳し戻し(back translation)してみよう!
文学以外の翻訳・通訳
目的達成をめざす翻訳・通訳
送り手が期待する反応を引き起こす
交渉、指示などの通訳
標識、案内図、注意書き、操作マニュアル……などの翻訳
情報を伝達する翻訳・通訳
新聞雑誌記事の翻訳、報告の通訳など

もしこのドアが中国やアメリカにあったら?
伝達の目的、予測される結果などにより起点言語から目標言語への対応が決定される


たまに変な翻訳も見つかる……
翻訳とコード制約
一義的に訳語が決まる語彙や表現VS 様々な解釈を許容する語彙や表現
科学技術用語、テクニカルタームなどは訳語への置き換えを正確に行うこと
文学、とくに詩歌では言語資源の活用度が大きいため、様々な工夫が必要になる
翻訳理論から言えば高度な技術翻訳は容易
翻訳の実践から言えば必ずしもそうではない

翻訳通訳と言語コミュニケーション
翻訳通訳にはかならず発信者・翻訳者・受信者が存在する
三者二言語モデル
翻訳通訳では三者が共有する知識が問題
言語の理解と産出を支える知識
言語知識
世界知識
場の知識
専門知識
翻訳通訳はコミュニケーションの問題として捉えることができる
三者二言語モデルの図式(Kirchhoff.1976)
翻訳について
「翻訳の言語学的側面について」 ヤコブソン
「翻訳論における誤った設問と正しい設問」 コセリウ
「翻訳者の課題」 ベンヤミン
魯迅の翻訳論 ー 社会変革と翻訳 ー
林語堂 ー 翻訳はアートである ー

「翻訳の言語学的側面について」 ロマーン・ヤコブソン
言語内翻訳 rewording 同じ個別言語内で解釈する→言い換え
言語間翻訳 translation 異なる個別言語によって解釈→いわゆる翻訳
記号法間翻訳intersemiotic translation 異なる記号体系の記号によって解釈する →移し換え
言語内翻訳
言語内翻訳の例(1)
私は学生時代、通訳なしでは男子生徒とコミュニケーションをとれなかった時期がありました。通訳とはなんのことかっていうと、私が男子生徒とやりとりをしなければいけない場合、私と男子生徒だけだと会話が成り立たないので間に女子生徒が入って私のかわりに意思を伝えてくれていたということです。男子生徒の前だと簡単な単語すらできず固まっていましたから、そんな固まった状態になると男子生徒が「おーい誰か通訳してくれ!」って言って女子生徒を呼ぶんです…
言語内翻訳の例(2)
−今後の目標を教えてください。工藤  僕はまずは試合に出られるように頑張ります。 佐藤  どうやって? 工藤  だから、練習中からアピールして。 佐藤  何をだよ? 工藤  だから、試合に出られるように。 岡本  誰か通訳してよ(笑)。
言語間翻訳
言葉と意味、あるいは記号表現と記号内容
記号法間翻訳
バートランド・ラッセル「チーズについて、言語による以外の知見を持たないならば何人もCheeseという語を理解することはできないであろう」
語彙の翻訳可能性と不可能性
ある語彙が訳出言語にない場合
既存の語彙で説明する
ねじ→回転する釘、チョーク→字を書くせっけん
新しい語彙を作る
万年筆、個人、持続的発展
類似したものを利用する
中華そば、活動写真、電気馬車、陸蒸気
そのまま借用する
コンピュータ、チーズ、プライバシー、アイデンティティ
文法範疇の問題
ロシア語の双数の概念
1、2、3以上に区別する
英語は単数(1)と複数(2以上)の区別のみ。
では“She has brothers”はロシア語に訳せるか?
(1)伝達することは可能か?
(2)全て伝達する必要があるのか?
彼女には二人かあるいは三人以上の兄弟がいる。
個々のテクストの全体的な意味に影響を与えるかどうかによって伝達の必要性が決まってくる。


誤った設問
翻訳および翻訳行為の問題性を個別言語(ラング)に関わる問題性として扱う
翻訳言語には原点で表現しようと意図されていることを全て再現する手段がないため、翻訳はその本質上すでに「不完全な」ものであるとする
個別言語に関わる技術としての翻訳(言い換え)を翻訳者の行為と同一視する
翻訳には、抽象的なレベルでの最適の普遍性があると仮定する
翻訳は個別言語の問題か
個別原語間にはもともと一対一、一対多で対応する語はない。だが単語や文構造は翻訳されないのである。翻訳されるのは個々のテクストであって、テクストは個別言語を超えたものである。
翻訳によって保持されるべきもの
素材関連:テクスト中で指示されている事物
意味:テクストで述べられている事それ自体
意義:テクストで述べられた事によって伝達または表現しようとしている意図

翻訳は本質的に不完全なものか
ある語を聞いたときに起こる何らかの感情
感情は語によって起こるのではなく実体によって起こる
言語表現と結びつけられる連想(表現のしかた)
適合させる
解釈の二様性を持つ言葉遊び(かけことば、地口)
素材関連と意義の両方を保持することはできない
個別言語におけるメタ言語的使用
翻訳の中にそのまま持ち込む
翻訳の限界
翻訳の対象となるのは言語化されたことのみ
翻訳には本来、合理的な限界がある
言語外的実体は翻訳できない
テクスト外の意味は翻訳されない
技術としての翻訳と芸術としての翻訳
言い換え:個別言語に関する技術としての翻訳
素材関連の点で等価値のものを確認する行為
翻訳行為:翻訳者が行う芸術としての翻訳
言い換える、または言い換えない
新しい概念を表す表現法を創造する
適合させる
模倣する
説明する
注や解釈をつける
翻訳行為には理論的な限界はない。個別言語に関する経験的な限界があるのみである。
抽象的レベルでの最適の翻訳?
翻訳行為:目的を持ち、歴史的制約を受ける
読者、種類、時代背景、翻訳の目的等に応じて、最適な翻訳はそのつど異なる
翻訳の理想 参照「聖書翻訳の歴史」
ルター(1522年旧訳聖書をドイツ語に翻訳)
聞く相手に応じて(人々の「口ぶりを見て」)翻訳する必要性
『表現の原理』 ファン・ルイス・ヴィヴェス 1533年
重視されるのは何か(意義、表現法、意義と表現法)で差異
言葉どおりに訳すか、自由に訳すか(直訳か意訳か)
テクストの性質、テクストの部分部分の性質に応じて適用する
普遍妥当の翻訳の理想などない
「翻訳者の課題」ヴァルター・ベンヤミン岩波文庫『暴力批判論』所収
翻訳は原作を読めない読者のために行われるものなのだろうか
そもそも原作は読者のために書かれたのか
原作が読者を想定して書かれたのでないならば翻訳もまた読者のためになされるものではないはずである
翻訳は純粋言語を志向して行われるものだ
翻訳者の使命は純粋言語の種子を成熟させることにある     
同化する翻訳と異化する翻訳 Lawrence Venuti [The Scandals of Translation]
「同一性の倫理(an ethics of sameness)」「差異性の倫理(an ethics of difference)」
good morning は朝の挨拶であるから同一の意味を持つ日本語「おはよう」に置き換える立場が「同一性の倫理」、言葉や文化の差異を明確に示すため「いい朝だ」と置き換える立場が「差異性の倫理」
翻訳における「同化」と「異化」
同化(domestication)異化(foreignization)
文化的差異を感じさせない「すらすら読める翻訳」起点文化の独自性を保つ「違和感のある翻訳」
意識的に異文化を感じさせる翻訳を行うことの意味とは?
社会変革と翻訳    魯迅 『文芸と批評』1930年
訳者の能力不足と、中国語本来の欠陥から、訳し終えて読んでみると文章が晦渋で難解のところすらまことに多い、複合句をばらばらにすればそれでは原文の語気が失われる。私としては、やっぱりこのような硬訳をするしかしかたがない、でなかったら翻訳をあきらめるほかない。残されただひとつの希望は、読者がただ我慢して読んでいってくれることだけである。 
社会変革と翻訳    魯迅 「『硬訳』と『文学の階級性』」 『二心集』1931年
「私の訳書は、もともと読者の「爽快」を得ようとするものではなく、それどころかしばしば不愉快を与え、甚だしきに至っては人を悩ませ、憎悪させ、憤らせるものである。……いろいろな句法は新しく作る−−悪く言えば無理に作る必要がある。中国文が新しく造られることを期待するが故に、いままでの中国文には欠陥があると言うのである。
社会変革と翻訳    魯迅 「『硬訳』と『文学の階級性』」 『二心集』1931年
永遠にこのボヤけた言葉を使い続ければ、文章を読んで大変すらすらと読めたような気がしても、結局残るのはボヤけた影であります。この病気を直すために私はひたすら苦くて異様な句法を詰め込んでいく。
翻訳はアートである    林語堂
翻訳の芸術が頼るのは、第一に翻訳者の原文の字句と内容に対する徹底的な理解、第二に翻訳者の非常に高度な母語の運用力、つまり達意の中国文を書く能力、第三に翻訳の訓練を積むこと、翻訳者は翻訳の基準と処理の方法について正確な見解があること、である。この三者を除いて翻訳にはいかなる規範も存在しない。

翻訳はアートである    林語堂
忠実の四基準
逐語訳:読者の理解を配慮しない
翻案(超訳):原作者の意図を歪曲する               以上は「翻訳」とは呼べない
「直訳」、「意訳」という用語はやめよう語句から語句へ訳すのではなく、文章から文章へ訳す
翻訳は個人の自由な裁量に依存する芸術だ。
翻訳には絶対的正解はない
今日のまとめ
翻訳は可能か、不可能か
可能とも言えるし、不可能とも言える
何を言っているのかを伝達する翻訳であれば可能
どう言っているのかを完全に再現するのは不可能
翻訳の規範はどこにあるのか
翻訳は個々のテクストについて行うべきである
個々のテクストの読者、時代、目的等によって様々に異なる翻訳が求められる
理想的な翻訳、模範的な翻訳
絶対的な理想の翻訳はない