INDEXページに戻る

日本語の訳文:『中華週報』より引用

陳水扁・中華民国第十代総統就任演説

 


  各位友邦元首、各位貴賓、各位親愛的海内外同胞:
 這是一个光榮的時刻,也是一个庄嚴而充満希望的時刻。

  感謝遠道而来的各位嘉賓,以及全世界熱愛民主、関心台湾的朋友,与我們一起分享此刻的榮耀。


  我們今天在這里,不只是為了慶祝一个就職典礼,而是為了見証得来不易的民主价値,見証一个新時代的開始。

  在二十一世紀来臨的前夕,台湾人民用民主的選票完成了歴史性的政党輪替。這不僅是中華民国歴史上的第一次,更是全球華人社会劃時代的里程碑。台湾不只為亞洲的民主経驗樹立了新典范,也為全世界第三波的民主潮流増添了一个感人的例証。

 

友邦の元首の皆さま、来賓の皆さま、親愛なる国内外の同胞の皆さま。 われわれは今、輝かしく荘厳で希望に満ちた瞬間を迎えました。

遠くからお越し下さった来賓の皆さま、そして世界中の民主を愛し、台湾に関心を寄せて下さる皆さまが、この栄光の時をわれわれと分かち合って下さいますことに感謝申し上げます。

  われわれが本日ここにいるのは、新総統の就任を祝うためだけでなく、ようやく手に入れた民主の価値の証人となり、また新たな時代の始まりの証人となるためであります。

 二十一世紀の到来を眼前にして、台湾人民は民主的な選挙によって歴史的な政党間の政権交代を完成させました。これは、中華民国の歴史上初めてというだけでなく、世界中の中国人社会にとって画期的な里程標となるものです。台湾は、アジアにおける民主の確立にとって新たなモデルを打ち立てただけでなく、全世界の「民主化の第三の波」に感動的な事例を付け加えました。 

 
中華民国第十任總統選挙的過程譲全世界清楚的看到,自由民主的果實如此得来不易。兩千三百万人民以无比堅定的意志,用愛弭平敵意、以希望克服威脅、用信心戰勝了恐惧。



  我們用神聖的選票向全世界証明,自由民主是顛撲不滅的普世价値,追求和平更是人類理性的最高目標。

  公元2000年台湾總統大選的結果,不是个人的勝利或政党的勝利,而是人民的勝利、民主的勝利。因為,我們在挙世注目的焦点中,一起超越了恐惧、威脅和壓迫,勇敢的站起来!


  台湾站起来,展現著理性的堅持和民主的信仰。

  台湾站起来,代表著人民的自信和国家的尊嚴。

  台湾站起来,象徴著希望的追求和夢想的實現。

中華民国第十代総統選挙の過程は、全世界の人々に、自由民主の果実を手に入れるのがいかに困難なものか、ということをはっきりと示しました。二千三百万人の国民は、比べようもないほど固い意志をもって、愛によって敵意を解消し、希望によって脅威を克服し、自信によって恐怖に打ち勝ったのです。

 われわれは神聖な選挙を通して、全世界に向けて証明しました。自由と民主は永久に不滅の普遍的な価値であり、平和の追求は人類の理性において最も高い目標なのです。 

 西暦二〇〇〇年の台湾の総統選挙の結果は、個人もしくは政党の勝利などではなく、国民の勝利であり民主の勝利でもあります。なぜなら、われわれは世界中が注目するなか、ともに恐怖や脅威、圧迫を乗り越え勇敢に起ち上がったのですから。 

  台湾が起ち上がることは、理性の堅持と民主への信念を示しています 

  台湾が起ち上がることは、国民の自信と国家の尊厳を代表しています 

  台湾が起ち上がることは、希望の追求と理想の実現を象徴しています


  親愛的同胞,譲我們永遠記得這一刻,永遠記得珍惜和感恩,因為民主的成果並非凭空而来,而是走過艱難險阻、歴経千辛万苦才得以實現。如果没有民主前輩們前僕后継的无畏犠牲、没有千万人民對于自由民主的堅定信仰,我們今天就不可能站在自己親愛的土地上,慶祝這一个属于全民的光榮盛典。

  今天,我們彷仏站在一座嶄新的歴史門前。台湾人民透過民主錘鏈的過程,為我們共同的命運打造了一把全新的(金月)匙。新世紀的希望之門即将開啓。我們如此謙卑,但絶不退縮。我們充満自信,但没有絲毬自満。

  从三月十八日選挙結果掲曉的那一刻開始,阿扁以最嚴粛而謙卑的心情接受全民的付托,誓言必将竭尽个人的心力、智慧和勇気,来承担国家未来的重責大任。

  个人深切的了解,政党輪替、政権和平轉移的意義絶對不只是“換人換党”的人事更賛,更不是“改朝換代”的権力轉移,而是透過民主的程序,把国家和政府的権力交還給人民。人民才是国家真正的主人,不是任何个人或政党所能占有;政府是為人民而存在的,从国家元首到基層公務員都是全民的公僕。

 

  政党輪替並不代表對于過去的全盤否定。歴来的執政者為国家人民的付出,我們都應該給予公正的評价。李登輝先生過去十二年主政期間所推動的民主改革与卓越政績,也應該獲得国人最高的推崇与衷心的感念。

  在選挙的過程中,台湾社会高度動員、積極参与,尽管有不同的主張和立場,但是毎一个人為了政治理念和国家前途挺身而出的初衷是一様的。我們相信,選挙的結束是和解的開始,激情落幕之后應該是理性的抬頭。在国家利益与人民福祉的最高原則之下,未来不論是執政者或在野者,都應該能不負人民的付托、善尽本身的職責,實現政党政治公平競争、民主政治監督制衡的理想。

  一个公平競争、包容信任的民主社会,是国家進歩的最大動能。在国家利益高于政党利益的基礎之上,我們應該凝聚全民的意志与朝野的共識,著手推動国家的進歩改革。

 

   親愛なる同胞の皆さま、われわれは今日のこの瞬間を、この得難い感謝の気持ちを永遠に忘れないでしょう。なぜなら、民主の成果は決して容易に手に入れたものではなく、数々の障害や艱難辛苦を乗り越え、ようやく実現したものだからです。もし民主のために戦った多くの先人の、なにものをも恐れない犠牲がなければ、もし国民の皆さまの自由や民主に対する確固たる信念がなければ、われわれは今日、この愛する大地の上に立ち、全国民のものである輝かしい式典を祝うことはできなかったことでしょう。 

 今日、われわれはあたかも新たな歴史の門の前に立っているかのようです。台湾人民は、民主の試練を受ける過程を通して、われわれ共通の運命のために、(その門を開ける)新たな鍵を作り上げたのです。新世紀の希望の門は今まさに開かんとしています。われわれは謙虚ではありますが、決してしりごみはしません。われわれは自信に満ちていますが、少しも奢り高ぶってはいません。 

 三月十八日に総統選挙の結果が発表されたその瞬間から、私は最も厳粛かつ謙虚の心をもって全国民の付託を受け入れ、必ずや私自身の精神力、知恵、勇気を尽くし、国家の将来に関わる重責を担うことを誓いました。 

 私は、政党間の政権交代や政権の平和的移行の意義は、単に「人や党の交代」にとどまらず、さらに「王朝の交代」による権力移行などではなく、民主的なプロセスを通して国家と政府の権力を国民に返すことである、と深く理解しております。国民こそが国家の真の主人であり、いかなる個人もしくは政党もこれを占有することはできません。政府は国民のために存在し、国家元首から末端の公務員に至るまですべて国民の公僕なのです。 

 政党間の政権交代は、決して過去のすべてを否定するものではありません。歴代の執政者の国家や国民に対する貢献を公正に評価する必要があります。李登輝・前総統が過去十二年の執政において民主改革を推進し、卓越した功績を残したことは、国民より最高の敬意と心からの感謝を受けるべきでしょう。 

 選挙の過程においては、多くの台湾人民がこれに積極的に参与しました。互いに異なる主張や立場があったとしても、一人ひとりが政治理念や国家の前途のために、勇敢に初志貫徹した気持ちは同じものです。選挙の終了は和解の始まりです。感情的な場面が幕を下ろせば、理性的な場面が幕を開けるでしょう。国家利益と国民の福祉を最高原則とし、今後は、与党であれ野党であれ、国民の付託に背くことなく、自らの職責を尽くし、政党間の公平な競争や民主政治における相互監督、牽制の理想を実現しなければなりません。 

 公平な競争がおこなわれ、包容力と信頼感のある民主社会は、国家の進歩の最大の原動力です。国家利益が政党の利益に優先されるという基礎のもと、われわれは、全国民の意志と与野党のコンセンサスを凝集し、国家の進歩や改革の推進に着手しなければなりません。

  


“全民政府、清流共治”是阿扁在選挙期間對人民的承諾,也是台湾社会未来要跨越断層、向上提升的重要関鍵。 “全民政府”的精神在于“政府是為人民而存在的”,人民是国家的主人和股東,政府的施政必須以多数的民意為依帰。人民的利益絶對高于政党的利益和个人的利益。

 


  阿扁永遠以身為民主進歩党的党員為榮,但是从宣誓就職的這一刻開始,个人将以全部的心力做好“全民總統”的角色。正如同全民新政府的組成,我們用人唯才、不分族群、不分性別、不分党派,未来的各項施政也都必須以全民的福祉為目標。


  “清流共治”的首要目標是要掃除黒金、杜絶賄選。長期以来,台湾社会黒白不分、黒道金権介入政治的情况已経遭致台湾人民的深悪痛絶。基層選挙買票賄選的文化,不僅剥奪了人民“選賢与能、当家作主”的権利,更譲台湾的民主発展蒙上汚名。

  今天,阿扁願意在此承諾,新政府将以最大的决心来消除賄選、打撃黒金,譲台湾社会徹底擺脱向下沈淪的力量,譲清流共治向上提升,還給人民一个清明的政治環境。

●全民政府とクリーンな政治  

 「全民政府、クリーンな政治」は私が選挙期間中、国民に対して示した公約であり、また台湾社会が今後断層を乗り越え、レベルアップするための重要なカギとなるものです。  「全民政府」の精神は「政府は国民のために存在する」というところにあります。国民は国家の主人であり株主です。政府の施政は、多数の民意を拠り所にしなければなりません。国民の利益は、政党および個人の利益より優先されるのです。 

 私は、民主進歩党の党員であることを永遠に誇りに思います。しかし、就任宣誓をおこなった瞬間から、私はみずからの精神力をすべて「全民総統」の役割を果たすことに注ぎます。新たな「全民政府」の組閣において、出身や性別、党派を分かたず、個人の才能によって人材を登用したのと同様、将来における各施政も全国民の福祉を目標としなければならないのです。 

 「クリーンな政治」の主たる目標は、「黒金(暴力組織と金権)」の排除と選挙における買収の根絶です。長期にわたり、台湾社会は、善悪がはっきりせず、暴力組織や金権が政治に介入する状況は、すでに台湾人民の深く憎むところとなっております。地方選挙における買収の風潮は、国民の「立派な人物を選んで、自らが国家の主人となる」権利を奪うだけでなく、台湾の民主の発展に汚名を着せることになります。 

本日、私はここで皆さまに公約いたします。新政権は、最大の決意をもって選挙における買収活動を根絶し、「黒金」を撲滅し、台湾社会が悪い方向に進むのを徹底的に阻止し、「クリーンな政治」の質を高め、さらに国民にクリーンな政治環境を提供します。 

 

  在活力政府的改造方面,面對日益激烈的全球化競争,為了確保台湾的競争力,我們必須建立一个廉潔、效能、有遠見、有活力、有高度弾性和應変力的新政府。“大有為”政府的時代已経過去,取而代之的應該是与民間建立(イ火)伴関系的“小而能”政府。我們應該加速精簡政府的職能与組織,積極擴大民間扮演的角色。如此不僅可以譲民間的活力尽情発揮,也能大幅減軽政府的負担。


  同様的(イ火)伴関系也應該建立在中央与地方政府之間。我們要打破過去中央集権又集銭的威権心態,落實“地方能做、中央不做”的地方自治精神,譲地方与中央政府一起共享資源、一起承担責任。无論東西南北、不分本島離島,都能(句多)獲得均衡多元的発展,拉近城郷之間的距離。


  当然,我們也應該了解,政府不是一切問題的答案,人民才是経済発展与社会進歩的原動力。過去半个世紀以来,台湾人民靠著胼手胝足的努力創造了挙世称羨的経済奇迹,也奠定了中華民国生存発展的命脉。如今,面對資訊科技日新月異以及貿易自由化的冲撃,台湾的産業発展必然要走向知識経済的時代,高科技的産業必須不断創新,伝統的産業也必然要轉型升級。



  未来的政府並不一定要継續扮演過去“領導者”和“管理者”的角色,反而應該像民間企業所期待的,政府是“支援者”和“服務者”。現代政府的責任在于提高行政的效能、改善国内的投資環境、維持金融秩序与股市的穏定,譲経済的発展透過公平的競争走向完全的自由化和国際化。循此原則,民間的活力自然能(句多)蓬勃興盛,再創下一个階段的経済奇迹。


  除了鞏固民主的成果、推動政府的改造、提升経済的競争力之外,新政府的首要施政目標應該是順應民意、(励-力)行改革,譲這一塊土地上的人民生活得更有尊嚴、更有自信、更有品質。譲我們的社会不僅安全、和諧、富裕,也要符合公平正義。譲我們的下一代在充満希望与快楽的教育環境中学習,培養国民不断成長的競争力。



  二十一世紀将是強調“生活者権利”、“精致化生活”的時代。挙凡与人民生活息息相関的治安改善、社会福利、環保生態、国土規劃、(土立)(土及)処理、河川整治、交通整頓、社区營造等問題,政府都必須提出一套解决方案,並透過公権力徹底加以落實。



  当前我們必須立即提升的是治安改善与環境保護這兩大生活品質的重要指標。建立社会新秩序,譲所有的老百姓都能安居楽業,生活没有恐惧。在生態保育与経済発展之間取得相容的平衡点,譲台湾成為永續発展的緑色(石夕)島。

●小さな政府  

 活力ある政府への改造については、日増しに熾烈化するグローバルな競争のもと台湾の競争力を確保するために、われわれは清廉で機能的、かつ長期的展望を持ち、活力に満ち、臨機応変に対応できる新政権を樹立しなければなりません。もはや「何でもやる大きな政府」の時代は終わり、代わりに今求められるのは、民間とパートナーシップ関係を築いた「小さくて能力ある政府」です。われわれは政府の権限や組織を簡素化するスピードを早め、民間が活躍する場を積極的に拡大する必要があります。こうすることによって民間の活力は十分に発揮され、政府の負担を大幅に軽減できるのです。 

 このパートナーシップ関係は、中央政府と地方政府との間にも確立されなければなりません。われわれは過去の権力と金銭を中央に集中させた中央集権的な高姿勢を打破するとともに、「地方政府のできることを中央はしない」という地方自治の精神を定着させ、地方と中央政府が資源を共有し責任を分かち合うようにしなければなりません。東西南北、本島離島にかかわらず、バランスのとれた多元的な発展が享受できれば、都市と地方との距離を縮めることができます。 

 

 当然のことですが、われわれはあらゆる問題に対して政府がすべてその答えを出せると思ってはいけません。国民こそ経済発展と社会の進歩の原動力であります。この半世紀、台湾人民は手足を労して働いてきたからこそ世界に誇れる経済奇跡を成し遂げることができたのであり、中華民国の生存と発展の命脈の基礎を築くことができたのです。今日、情報の日進月歩の発展と貿易の自由化という衝撃の中で、産業の発展が知識経済の時代へ向かうのは必然であり、ハイテク産業は絶えまなく新しいものを創造し、従来型産業は構造転換しレベルアップすることが求められています。 

 

 未来の政府は過去のような「リーダー」や「管理者」の役割を必ずしも果たさなければならないということではありません。むしろ、民間企業に求められているように、政府は「支援者」であり「奉仕者」でなければなりません。現代の政府の責任は行政効率の向上、国内の投資環境の改善、金融秩序の維持と株式市場の安定にあり、経済の発展は公平な競争を通じた完全なる自由化と国際化へ向かわなければなりません。これを原則に据えることで、民間の活力はおのずから隆盛となり、さらなる段階の経済奇跡を打ち立てることができるのです。 

 民主の成果を強固にし、政府改革を推進し、経済の競争力を向上させることはもちろんですが、新政権の主な施政目標は民意に従い、行政改革を励行し、この台湾の地に住む人民の生活をさらに尊厳ある、またより自信に満ちた、質の高いものにしていくことです。われわれの社会は安全で調和のとれた豊かなものであると同時に、公平な正義に合致したものでなければなりません。われわれの次世代が、希望と喜びに満ちた教育環境のもとで学習することによって、国民の不断に成長する競争力が養われるようにしなければなりません。 

 二十一世紀は「生活者の権利」と「質の高い生活」が強調される時代です。およそすべて国民の生活と密接に関連している治安の改善、社会福祉、環境と生態の保護、国土計画、ごみ処理問題、河川の整備、交通秩序の維持、地域社会の育成などの問題に対し政府は解決方法を打ち出し、公権力をもってこれを徹底させ定着させなければなりません。 

 われわれにとって目下急務となっているのが、生活品質の重要な指標である治安の改善と環境保護の二つです。社会に新たな秩序を確立し、すべての国民が安心して就業でき、生活できるようにしなければなりません。生態の保護と経済発展の間に両者が共存できるバランスを見いだし、台湾を緑のシリコン・アイランドとして永遠に発展させなければなりません。 

 

  司法的尊嚴是民主政治与社会正義的堅強防線。一个公正、独立的司法体系不僅是社会秩序的維護者,也是人民権益的捍衛者。目前司法的改革還有一段很長的路要走,国人必須継續給予司法界嚴格的督促与慇切的期(目分),在此同時,我們也應該節制行政権力,還給司法独立運作、不受干
擾的空間。

  台湾最重要的資源是人力的資源,人才是国家競争力的根本,教育是“藏富于民”的百年大計。我們将尽速凝聚朝野、学界与民間的共識,持續推動教改的希望工程,建立健康、積極、活溌、創新的教育体制,使台湾在激烈的国際競争力之下,源源不断地培育一流、優秀的人才。譲台湾社会逐漸走向“学習型組織”和“知識型社会”,鼓舞人民終身学習、求新求変,充分発揮个人的潜力与創造力。

  目前在全国各地普遍発展的草根性社区組織,包括對地方歴史、人文、地理、生態的探索和維,展現了人文台湾由下而上的民間活力。不管是地方文化、庶民文化或者精致文化,都是台湾文化整体的一部(イ分)。台湾因為特殊的歴史与地理縁故,蘊含了最豊美多様的文化元素,但是文化建設无法一蹴可几,而是要靠一点一滴的累積。我們必須敞開心胸、包容尊重,譲多元族群与不同地域的文化相互感通,譲立足台湾的本土文化与華人文化、世界文化自然接軌,創造“文化台湾、世紀維新”的新格局。


  去年発生的九二一大地震,譲我們心愛的土地和同胞歴経前所未有的浩劫,傷痛之深至今未能愈合。新政府對于災区的重建工作刻不容緩,包括産業的復蘇和心靈的重建,必須做到最后一人的照顧、最后一処的重建完成為止。在此,我們也要對于災后救援与重建過程中,充満大愛、无私奉献的所有个人与民間団体,再次表達最高的敬意。在大自然的悪力中,我們看到了台湾最美的慈悲、最強的信念、最大的信任!九二一震災譲同胞受傷跌倒,但是在“志工台湾”的精神中,台湾新家庭一定会重新堅強的站起来!

 

 司法の尊厳は民主政治と社会正義の強固な防波堤であります。公正で独立した司法体系は社会秩序を維持するだけでなく、人民の権益を保護するものでもあります。現在のところ、司法改革にはまだ長い時間が必要であり、国民の皆さまには、引きつづき司法に対し厳しい監督と切なる期待を寄せていただくと同時に、われわれは行政権力を抑制し、司法に独立した権限を与え、行政が司法に干渉しないようにしなければなりません。 

 台湾においてもっとも重要な資源は人材であり、この人材こそ国家の競争力の根本であり、教育は「富を民の中に蓄える」という百年の大計であります。われわれはなるべく早く与野党間、学界と民間におけるコンセンサスを集約し、引きつづき教育改革を推進し、健康で積極性のある活力に満ちた新たな教育体制を確立することによってこそ、熾烈な国際競争の中にあっても台湾が不断に一流の優秀な人材を育成させることができるのです。われわれは、台湾社会を徐々に「学習型組織」と「知識型社会」へと転換させ、国民の生涯学習を奨励し、新しさと変化を求め、個人の潜在力と創造力を十分に発揮させなければなりません。 

 目下、全国各地に普及し発展している草の根の地域組織は、地方の歴史や人文、地理、生態の探求と保護に対して、底辺から積み上げた民間の活力を現しています。地方の文化、庶民の文化、あるいは質の高い文化、そのどれもが台湾の全体的な文化の一部分なのです。台湾は特殊な歴史と地理的条件にあるがゆえに、もっとも豊かで多様な文化的要素を持ち合わせています。しかし、文化の建設は一挙に完成できるものではなく、一歩一歩の積み重ねによってでしかなし得ません。われわれは胸襟を開き、包容力と尊重の精神によって種族や出身地別の違いにかかわらず、異なる地域の文化に対しては相互に尊重しあうことで、台湾の本土文化と中華文化、世界の文化と自然に触れ合うことで「文化の台湾、世紀の維新」の新局面を創造していかなければなりません。

  昨年起きた九・二一台湾中部大地震では、われわれの愛する土地と国民が未曾有の被害を受け、その傷痕はいまだ癒えていません。新政権は被災地の復興作業に対し手を緩めることなく、産業の復興と心の再起に向けて、最後の一人を残すことなく最後の段階まで貫徹させなければなりません。われわれは震災後の救援と復興過程において、大きな愛と無私の精神で奉仕してくれたすべての個人と民間団体に対し、ここにあらためて最高の敬意を表したいと思います。大自然の猛威にあって、われわれは台湾のもっとも美しい慈悲と強固な信念、絶大な信任を見ることができました。中部大地震は国民に大きな打撃を与えましたが、「ボランティア台湾」の精神にあって、台湾はかならずや力強く立ち上がるに違いありません。 

 

  親愛的同胞,四百年前,台湾因為(王崔)麗的山川風貌被世人称為“福尓摩沙−−美麗之島”。今天,因為這一塊土地上的人民所締造的歴史新頁,台湾重新展現了“民主之島”的風采,再次吸引了全世界的目光。

  我們相信,以今日的民主成就加上科技経貿的實力,中華民国一定可以継續在国際社会中扮演不可或缺的角色。除了持續加強与友邦的實質外交関系之外,我們更要積極参与各種非政府的国際組織。透過人道関懷、経貿合作与文化交流等各種方式,積極参与国際事務,擴大台湾在国際的生存空間,並且回饋国際社会。


  除此之外,我們也願意承諾對于国際人権的維護做出更積極的貢献。中華民国不能也不会自外于世界人権的潮流,我們将遵守包括“世界人権宣言”、“公民与政治権利国際公約”以及維也納世界人権会議的宣言和行動綱領,将中華民国重新納入国際人権体系。

 

 新政府将敦請立法院通過批准“国際人権法典”,使其国内法化,成為正式的“台湾人権法典”。我們希望實現聯合国長期所推動的主張,在台湾設立独立運作的国家人権委員会,並且邀請国際法律人委員会和国際特赦組織這兩个卓越的非政府人権組織,協助我們落實各項人権保護的措施,譲中華民国成為二十一世紀人権的新指標。

  我們堅信,不管在任何一个時代、在地球的任何一个角落,自由、民主、人権的意義和价値都不能被漠視或改変。

  二十世紀的歴史留給人類一个最大的教訓,那就是−−戰争是人類的失敗。不論目的何在、理由多 冠冕堂皇,戰争都是對自由、民主、人権最大的傷害。

 

●人権の推進  

 親愛なる同胞の皆さま、四百年前、台湾の秀麗なる山河は世界より「フォルモサ│美麗の島」と称されました。今日、この土地に住む人びとは歴史的な新たなぺージを創造し、台湾に「民主の島」としての風貌を備えさせ、ふたたび世界の耳目を集めるところとなりました。 

 私は、今日収めた民主の成果の上に科学技術ならびに経済実力を加え、中華民国が必ずや国際社会のなかで引き続き必要不可欠な役割を担っていくものと信じております。友好諸国との実質的外交関係を継続して強化していくほか、われわれは積極的に各種の国際的NGOに参加していかねばなりません。われわれは、人道支援、経済協力、文化交流などさまざまな方式を通し、積極的に国際関連事項に参加し、国際社会における台湾の生存の場を拡大し、ならびに国際社会に貢献していかねばなりません。 

 このほか、私は国際人権擁護に関しても積極的な貢献をしたいと願っております。中華民国は世界の人権の潮流の外に身を置くことはできず、われわれは「世界人権宣言」、「市民的および政治的権利に関する国際規約」、さらにウィーン世界人権会議などに示された宣言と実施要綱などを順守し、中華民国を国際的な人権組織の枠組に組み入れていかねばなりません。 

 新政権は立法院に要請して「国際人権規約」を批准し、それを国内法化し、正式な「台湾人権規約」を成立させたいと思います。私は、国連が長期にわたって主張してきたことを実現するため、台湾に自主運営の国家人権委員会を設立し、国際規約人権委員会ならびに国際アムネスティの、この二つの卓越した非政府人権組織に、わが国が各種の人権保護を確実に実施できるよう協力を依頼し、中華民国に二十一世紀における人権の新たな指標を打ち立てたいと願っております。 

 私は、いかなる時代においても、世界のいかなる場所においても、自由・民主・人権の意義と価値は、決して軽視してはならず不変のものであると信じています。 

 二十世紀の歴史が人類に遺した最大の教訓は、すなわち戦争は人類の失敗であったということです。目的がいかなるものであれ、どのような美辞麗句を並べようとも、戦争はすべて自由・民主・人権に最大の危害を及ぼすものとなります。

  過去一百多年来,中国曾経遭受帝国主義的侵略,留下難以抹滅的歴史傷痕。台湾的命運更加坎(土可),曾経先后受到強権的欺凌和殖民政権的統治。如此相同的歴史遭遇,理應為兩岸人民之間的相互諒解,為共同追求自由、民主、人権的决心,奠下厚實的基礎。然而,因為長期的隔離,使得双方発展出截然不同的政治制度和生活方式,从此阻断了兩岸人民以同理心互相對待的情誼,甚至因為隔離而造成了對立的圍墻。

  如今,冷戰已経結束,該是兩岸抛棄旧時代所遺留下来的敵意与對立的時候了。我們无須再等待,因為此刻就是兩岸共創和解時代的新契机。海峡兩岸人民源自于相同的血縁、文化和歴史背景,我們相信双方的領導人一定有足(句多)的智慧与創意,秉持民主對等的原則,在既有的基礎之上,以善意營造合作的条件,共同来処理未来“一个中国”的問題。

  本人深切了解,身為民選的中華民国第十任總統,自当恪遵憲法,維護国家的主権、尊嚴与安全,確保全体国民的福祉。因此,只要中共无意對台動武,本人保証在任期之内,不会宣布独立,不会更改国号,不会推動兩国論入憲,不会推動改変現状的統独公投,也没有廃除国統綱領与国統会的問題。



  歴史証明,戰争只会引来更多的仇恨与敵意,絲毬无助于彼此関系的発展。中国人強調王霸之分,相信行仁政必能使“近者悦、遠者来”、“遠人不服,則修文徳以来之”的道理。這些中国人的智慧,即使到了下一个世紀,仍然是放諸四海皆准的至理名言。

 

大陸在(ヌ(郊-交))小平先生与江澤民先生的領導下,創造了経済開放的奇迹;而台湾在半个世紀以来,不僅創造了経済奇迹,也締造了民主的政治奇迹。在此基礎上,兩岸的政府与人民若能多多交流,秉持“善意和解、積極合作、永久和平”的原則,尊重人民自由意志的選擇,排除不必要的種種障碍,海峡兩岸必能為亞太地区的繁榮与穏定做出重大的貢献,也必将為全体人類創造更輝煌的東方文明。

 親愛的同胞,我們多希望海内外的華人都能親身体驗、共同分享這一刻的動人情景。眼前開闊的凱達格蘭大道,数年之前仍然戒備森嚴;在我身后的這棟建築,曾経是殖民時代的總督府。今天,我們斉聚在這里,用土地的楽章和人民的声音来歌頌民主的光榮喜悦。如果用心体会,海内外同胞應該都能領悟這一刻所代表的深遠意義−−威権和武力只能譲人一時屈服,民主自由才是永垂不朽的价値。

  唯有服膺人民的意志,才能開拓歴史的道路、打造不朽的建築。

 

●両岸政策  

 過去百年来、中国は帝国主義の侵略を受け、歴史に消し難い傷痕を遺しました。台湾はさらに複雑な運命をたどり、前後して強権に苦しめられ、植民地統治まで受けました。こうした似通った歴史に遭遇し、両岸人民には互いに理解しあい、共に自由・民主・人権を追求する決意をする重厚な基礎があるはずです。しかし長期にわたって隔絶していたため、双方は異なる政治制度と生活様式に向かって進み、互いに心を通わせあう機会を失い、隔離されていたため対立の壁さえできてしまいました。 

 今日、冷戦はすでに終結し、両岸双方は旧時代の遺物である敵意と対立を捨て去らねばならない時代となっております。われわれはふたたび待つ必要はなく、今日こそが両岸双方が共に和解の道を切り開く時なのであります。海峡両岸の人民は、血縁、文化、それに歴史の背景を共有しており、私は、双方の指導者は必ず知恵と創意を持っており、民主と対等の原則のもとで、すでにある基礎の上に、善意によって協力しあう条件を作り出し、共同で将来「一つの中国」の問題を処理していけるものと確信しております。 

 私は、民選による中華民国第十代総統として、憲法を順守し、国家の主権と尊厳および安全を守り、全国民の福祉を確保しなければならないことを深く認識しております。このため、中共が武力を発動する意図がない限りにおいて、私は在任中に独立を宣言せず、国名を変更せず、二国論を憲法に盛り込まず、統一か独立かといった現状の変更に関する住民投票は行わず、また国家統一綱領や国家統一委員会を廃止することもいたしません。 

 歴史が証明するごとく、戦争はさらに多くの恨みと敵意を引き起こすばかりであり、相互の関係の発展になんら助けにはなりません。中国人は王道と覇道の相違をわきまえており、仁政を行えば「近きは悦び、遠きは来る」、「遠き人来らずば、文徳をもって之を来らしむ」の道理を重視しております。こうした中国人の知恵は、次の世紀においても全世界に共通する名言であります。 

 大陸はケ小平氏と江沢民氏の指導の下に、経済開放の奇跡を成し遂げ、台湾はこの半世紀において経済奇跡を創造したばかりか、民主政治確立の奇跡をも実現しました。これらを基礎とし、両岸の政府と人民がもし多くの交流を重ねたなら、「善意による和解、積極的協力、永久平和」の原則をもって、人民の自由意思による選択を尊重し、不必要な障害を排除し、海峡両岸が必ずやアジア太平洋地域の繁栄と安定に多大の貢献をし、全人類のためにも輝かしい東方文明を創造することができるはずです。 

親愛なる同胞の皆さま、私は海内外のすべての中国人がこの場をご覧になり、共にこの瞬間を見ていただくことを熱望しております。いま眼前に広がるケタガラン大道は、数年前はまだ警戒が厳重で、私の背後のこの建物は、かつては植民地時代の総督府でありました。今日、われわれはここに参集し、この土地の音楽と人民の声で民主の喜びを高らかに謳歌しております。このことに注目すれば、海内外同胞はそれの示す意義を十分に理解することになるでしょう。 

  権威主義と武力は一時的に人を屈服させるが、民主と自由こそ永遠不朽の価値を持つものであります。 

  人民の意思を服膺してこそ、歴史の道を開拓し、不朽の建設ができるのです。


  今天,阿扁以一个佃農之子、貧寒的出身,能(句多)在這一塊土地上奮斗成長,歴経挫折与考驗,終于贏得人民的信頼,承担起領導国家的重責大任。个人的成就如此卑微,但其中隠含的寓意却弥足可貴。因為,毎一位福尓摩沙的子民都和阿扁一様,都是“台湾之子”。不論在多 艱困的環境中,台湾都像至愛无私的母親,从不間断的賜予我們机会,帯領我們實現美好的夢想。


  台湾之子的精神啓示著我們:尽管台澎金馬只是太平洋辺的(艸/最)尓小島,只要兩千三百万同胞不畏艱難、携手向前,我們夢想的地圖将会无限遠大,一直延伸到地平線的尽頭。


  親愛的同胞,這一刻的光榮属于全体人民,所有的恩典都要帰于台湾−−我們永遠的母親。譲我們一起對土地感恩、向人民致敬。

  自由民主万歳!

  台湾人民万歳!

  敬祝中華民国国運昌隆!全国同胞和各位嘉賓健康愉快!

 

●台湾の子  

 私は貧しい農家の出身ですが、この地で努力して成長し、さまざま挫折や試練を乗り越え、本日ついに国民の信頼を勝ち得て、国家を指導する重責を担うこととなりました。私個人の功績は微々たるものですが、そのなかに含まれた意義は誠に尊いものです。なぜなら、このフォルモサに暮らす一人ひとりは、私と同様すべて「台湾の子」だからです。いかに困難な状況にあろうとも、台湾は、無私の愛に満ちた母親のように、絶えずわれわれにチャンスを与え、すばらしい理想を実現させてきたのです。 

 「台湾の子」の精神がわれわれに啓示しているものは、台湾・澎湖・金門・馬祖は太平洋に浮かぶ小さな島にすぎなくとも、二千三百万人の同胞が困難を恐れず手を携えて前進しさえすれば、われわれの理想の地図は地平線のかなたまで無限に広がるということです。 

 親愛なる同胞の皆さま、この瞬間の栄光は国民全体のものであり、すべての恵みは、われわれの永遠の母親である台湾に属すのです。われわれは皆様とともにこの地に感謝を捧げ、また国民の皆さまに敬意を表したいと思います。 

  自由民主万歳! 

  台湾人民万歳! 

 中華民国の繁栄を祈念するとともに、全国の同胞と来賓各位の健康とご多幸をお祈りいたします。

 (完)

中華週報 1956号 2000.6.1